ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

緑地ハシゴ

ピカピカに晴れた土曜日。

a0040963_1045482.jpg


練馬区にある、牧野記念庭園に行った。
高野文子さんの企画原画展も最終日前ギリギリセーフ。
庭はこじんまりとしつつも、大きな樹が多くて
入った途端気温が下がる。風が爽やか。
めあての入り口のセンダンの花は終わってしまっていたが、
秋の実のほうが有名なムラサキシキブが、
可憐な小さい紫の花を咲かせていた。

庭で自称「木の専門家」のおばあちゃんに捕まり、
色々ご教示賜る。しかしこのおばあちゃんグイグイ系で、
その後の企画展室内でもついてきて
アレコレ大きな声で話しかけてくる。

なぜか牧野先生は生涯独身だったと思い込んでいらして、
「いやいや、奥さんの名前をつけたスエコザサがありますよ。」
「お子さんも、わんさといましたよ。」と教えたら、
えらくびっくししてショックを受けていた。
ありゃ、恋じゃな。牧野先生に恋しておったんじゃな。

そんなこんなでおばあちゃんの失恋につきあっていたら、
とうとう室内にいた他の客に「静かに!」と注意されてしまった。

すすす、すいません。

a0040963_9132011.jpg


a0040963_9132365.jpg


a0040963_9132797.jpg



その後、隣駅の石神井公園へ移動。
緑地のハシゴです。

メタセコイヤとラクウショウの違いなど勉強しつつ散策。

ここは本当に大きな公園。大木がたくさん生えている。
歴史ある公園は木もでかくていい。

池にゴイサギがいた。ペンギンぽかった。

a0040963_9151146.jpg


a0040963_9151566.jpg


a0040963_9152225.jpg


a0040963_9152879.jpg


a0040963_9153175.jpg



メタセコイヤとラクウショウはどちらもスギ科の大きな木だ。
幹の感じもそっくりでパッと見は区別しにくい。
が、葉をよく観ると違いが分かる。

a0040963_9253557.jpg


左がメタセコイヤ。対生。
右がラクウショウ。互生。


日中たっぷり陽を浴びたので、夜はたっぷり水分(酒)補給。



by omifish | 2015-05-31 09:46 | 植物の窓
<< 釣り マイ木陰 >>