ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

カテゴリ:うちごはん( 93 )

Croun Royal Northern Harvest RYE


a0040963_00344839.jpg

ちょうどカナダにいる時に、
世界で一番のウィスキーに選ばれたのが
カナダのウィスキーでした。
クラウンロイヤル ノーザンハーベストライ。
日本ではどうか知りませんが、カナダではニュースにもなり、
あっというまに棚から消えました。
が、探しました。

「カナダのウイスキーといえば、クラウンロイヤル。
日本ではなかなかお目にかかれません。
ライ麦を使ったバージョンなんて、本当にレアですよ。」
と、日本のもとワインバーのマスター(兼酒屋さん)
のお墨付きも頂けたので、やはり購入して良かった。
早く味見したいところです。

ご一緒に味見希望の方は、ぜひ、わが家へどうぞ。




by omifish | 2015-12-08 00:38 | うちごはん

Perfect grilled cheese


友の作るパーフェクトなグリルドチーズ。
つまりチーズのトーストサンドです。

a0040963_02084661.jpg

a0040963_02084972.jpg

a0040963_02085525.jpg

a0040963_02085899.jpg

a0040963_02090300.jpg

いたってシンプル。
これが、シンプルだけど美味いのよ。
チーズはふわふわに卸してたっぷり。
フライパンにバターを溶かして両面こんがり焼きます。

友の娘の夜食に作っているのを横で見ていて
たまらなく美味しそうだったので、
我もと、翌日の昼に作ってもらいました。

この友は、料理することに興味ないとか言いつつ
なんのなんの、旨いものを作ります。
酢豚とかミートボールの煮込みとかコロッケとか。

和食に飢えはじめたころに作ってもらった
卵丼とお味噌汁のシンプルな旨さには感動しました。

よって、シンプルクイーンといたします。




by omifish | 2015-12-06 02:19 | うちごはん

七面鳥


カナダ滞在中。
友の旦那さまが七面鳥を丸焼きしてくれました。

a0040963_18113053.jpg

a0040963_18113648.jpg

a0040963_18114017.jpg

a0040963_18114461.jpg

a0040963_18115425.jpg

うーん、カナディアンな食卓。

紫色のはキャベツのアップルソース煮!
ザワークラウトみたいなもので、
ウクライナ系の旦那さまのお国料理らしいです。
さわやかで美味。

もちろん七面鳥も味わい深かったです。
チキンより独特の匂いはありますが、
そのクセがまた良し。

別の日にはこちらも手料理をばしてお返し。
ビーフシチューグラタンやら、鶏大根、
インゲンのごま和えやら、ローストビーフ、
カルボナーラ、などなど。
和食じゃないのかよ!って?
…ええ、ほぼ。なにか。





by omifish | 2015-12-05 18:28 | うちごはん

Красная икра


今年も、イ・ク・ラ。

a0040963_00013606.jpg


イクラの季節です。
もつろん、塩イクラ、今年も漬けましたわよ。

表題はロシア語表記で「Красная икра」。
赤い(Красная)
イクラ(икра)という意味だそうです。
あ、ロシア語でもイクラの発音はイクラだってことは、
もちろんご存知ですわよね?
むしろ、ロシア語由来の「イクラ」です。


a0040963_22204682.jpg


のっほっほ。



by omifish | 2015-11-04 00:11 | うちごはん

ざっと家飯(秋)


ある秋の日の家飯、まとめ。


a0040963_23240736.jpg
秋さんま、茄子と厚揚げの煮もの、青菜のおひたし。


a0040963_23481840.jpg
ごぼうと骨付き豚肉の煮込み(NHKきょうの料理より)。


a0040963_23250590.jpg
イチジクのサラダ、鮭入り炒り卵、カプレーゼ、スモーク鴨。


a0040963_23244638.jpg
甘くないフレンチトースト、ウィンナー添え。


a0040963_23251310.jpg
棒棒鶏、ゴマだれ。


a0040963_23251911.jpg
イチジクのマスタード豚巻きオーブン焼き。


a0040963_23253287.jpg
と、かぶとチキンのトマト煮。

と、のぞき見するたまき。


 

by omifish | 2015-10-27 00:08 | うちごはん

星一夜目


a0040963_01310579.jpg


あ、間違えた。「星」じゃなくて「干し」。
メルヘンじゃない方です。

お忘れじゃないですか、あの日の梅を。
とうとう干します。梅の実。
すっかり(とっくに)綺麗な赤紫蘇の紅に色付いていたのだ。

梅雨が明けてからこっち、
天気予報とスケジュールをにらめっこする日々が続いた。
さすがに5日連続確保となるとなかなか難しい。
日中は仕事だし、出しっぱなしだと夕立ちがコワイ。
雨に当たってしまったら台無しになる。

しかし、もうそんなことも言ってられないので、
とりあえず休みの日にまず一日干すことにした。


a0040963_19323932.jpg

a0040963_21362565.jpg

a0040963_19353592.jpg

a0040963_19340686.jpg


家のベランダは植物たちに占領されているし、
午後からしか陽が当たらないので、
朝からマンションの屋上へシートをひろげる。
梅の実、紫蘇、梅酢(漉して瓶に移す)をそれぞれを干す。


a0040963_19342862.jpg


昼すぎに、一度梅の実をひっくり返す。
いい塩梅(まさに)に干上がって塩を吹き始めている。
やはり塩分18%はかなり高濃度ね。


a0040963_21262286.jpg

a0040963_19365275.jpg

a0040963_19374203.jpg

a0040963_21270435.jpg


夕方、部屋の窓から積乱雲の姿を認めたので
慌てて屋上へ上がり6時頃に回収。
梅の拓本が水玉模様で可愛らしくなってしまっとる。

今日は初日だし、次に干すまで間が空くかもしれないので、
一旦陽に当てて殺菌した瓶の梅酢に戻して保管。

さ、あと何日かは干さねば。
梅干し作り続きます。



by omifish | 2015-08-09 19:31 | うちごはん

初夏メシ

うちごはん。いくつか、溜まった分。


鯵フライ。

a0040963_14030376.jpg




貰った夏野菜でカポナータ。

a0040963_14032971.jpg

a0040963_14034208.jpg




佐藤錦の箱、自分用に大人買い。

a0040963_14040271.jpg

a0040963_14041424.jpg




真鯛が安かったので昆布〆。

a0040963_14044314.jpg

a0040963_14050073.jpg




by omifish | 2015-07-11 13:42 | うちごはん

梅干しはじめました。


ずっとやりたかった梅干しに手を出した。

今年は漬ける!と春から決めていたので、
店先に並ぶ梅の実がまだ青いうちからそわそわしていた。
梅酒には青梅の方が適しているけれど、
梅干しを作るなら熟した黄色い梅になるまで待て。と、
ものの本に書いてあったのだ。

黄色い梅がたくさん出回りはじめた頃に、
ちょうどバタバタしてしまったのでちょい出遅れたが、
先日ようやく完熟梅を購入。

はじめてなのでとりあえず、2kg分。
NHKの「夏の手仕事」を参考に袋で漬ける塩分18%。

6月22日に塩で下漬けをしたものから、
白梅酢があがってきていたので、
赤紫蘇を下処理して本日は本漬けの作業。

出来れば私としては
「梅漬け」ではなく、ちゃんと「梅干し」にしたい。

なので、梅雨が明けたら干すぜ!


a0040963_17180128.jpg

a0040963_17180937.jpg

a0040963_17202521.jpg

a0040963_17202147.jpg

a0040963_17375522.jpg


ざるも用意してあるぜ!




by omifish | 2015-06-26 17:52 | うちごはん

激辛


a0040963_20542311.jpg

最近疲れが取れないという家人の希望に応え、豚のスタミナ炒め。
豚肩ロースの塊を細切りに。それと筍、大蒜、大蒜の芽、鷹の爪5本、辣油、花椒、辣椒、黒胡椒たっぷりの…激辛旨。
味付けには酒も砂糖もみりんも使わなかったが、ちゃんとコクのある辛さになった。
奥は、冷奴のトマト玉ねぎみじんだれ。
あと、たまき。



 


by omifish | 2015-06-04 21:53 | うちごはん

海南鶏飯



a0040963_00392714.jpg


担当になった料理本の夏のコーナー企画の一つを
海南鶏飯にしようかと思い立った。
海南鶏飯、またの名をシンガポールチキンライス。
そのまたの名をカオマンガイ。

それで取り上げる為のレシピ本を色々見ていたら、
…ま、そりゃ自分も食べたくなりますわな。

で、今夜は海南鶏飯と相成りました。

炊飯器に一緒に入れるだけ、簡単、簡単。
なーんて、どの本でも言うてますがね。
そりゃあーた簡易バージョンはそうでしょうけれども、
ガラスープの素とか使わずに、鶏ゆでからはじまり、
タレから何からちゃんと作るとそれなりの手数ですわな。

サイドには蒸し茄子のゴマ味噌ダレを。
もちろん鶏の茹で汁も有効活用。


a0040963_23354073.jpg
a0040963_23354551.jpg
a0040963_00111350.jpg
a0040963_23355109.jpg
a0040963_23360809.jpg
a0040963_23361074.jpg


鶏もも二枚は余分な脂をとって酒と塩で下味ののち、
ネギと生姜とにんにくと一緒にアクを取りつつ茹でる。

お米は洗ってザルにあげてよく水気を切ってから、
ごま油で炒って冷ましておく。

炊飯器にお米と茹でた鶏肉とゆで汁を入れ炊飯。

ゆで卵作る(半熟のつもりが余熱で固くなった)。

タレ2種類
①ナンプラー、美味酢、パクチーの茎みじん、
 生姜みじん、鷹の爪、レモン汁。
②オイスターソース、甜麺醤、豆板醤、すりゴマ、酢。

蒸し茄子作る(皮剥いてラップしてレンジでチン)。

蒸し茄子用のタレ作る(白練りゴマ、味噌、水)。

ゆで汁の残りに長ネギみじん足して調味してスープに。

炊飯後の鶏肉を切り、ご飯を型とり、盛りつけ。
パクチーの葉とゆで卵添える。

あら、こうして見るとやはり大した手数でもないね。

で、出来はと言うと、うーーん、まあまあ…。
自分の好物なので採点は辛めになった。
なーんかこう肉のジューシーさに欠けたし、
やっぱりお米はジャスミン米で再チャレンジしたい!


キュウリ…買ってあったのに忘れたんだよなあ。


※鶏肉は茹でか、炊飯器に入れるか、どっちかだけの方がいいみたいですね。



by omifish | 2015-06-03 00:31 | うちごはん