ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

vol.73 サビ泥棒

Side white

どうも。
夜道を歩きながら気持ちよく鼻歌を歌っていたら
後ろから来た人に追い抜かれざま
サビ部分を歌われてしまったomiです。

恐怖よりも驚愕よりも前に
悔しさを覚えてしまったことをここに告白します。

…どうなのよ。これ。
ある意味窃盗ですよ?
いや、金品も貞操(?)も奪われてはおらぬが。
サビ泥棒ですよ。
なんとなく「おしゃれ泥棒」と雰囲気が似てるからって
ほんわかだまされちゃ、ダメダメ!

ワタクシ、ご存知のようにカラオケに対しては
嫌悪に近い感情を持っておりますが
歌うこと自体は嫌いじゃないのだ。
むしろ仕事中も散歩中も自転車乗りながらも
フガフガ歌ってることが多いのだ。

でも大抵は歌詞がうろ覚えなもんで
導入はどうしてもハミングになってしまう。
徐々にメロディが盛り上がってきて
いよいよ知っている歌詞の部分(つまりサビ部分)って
ところでようやく口を開いて口ずさむってパターンだ。
ちなみにサビを過ぎたらまたハミングね。

それをだ。
唯一知っていて口ずさめるサビ部分を…
むぅ。おのれ…返してちょうだい!
ワタシのサビを奪った憎いあんちくしょうめ。
どこのどいつだよ。ったく。
マイナーな洋楽だったのによく歌えたな。
…ん?そう考えると
あれを歌うとは…あやつ…なかなかやりおるな…

むしろマイナーな曲だったがゆえに、
「お。それ、おいらも知ってるぜ!」的な
同志としてのアピールだったのだろうか?
でも人の鼻歌を奪っちゃ駄目だろう。

でだ。ワタシは考えた。
そういうシチュエーションに立たされた時
フェアかつスマートにアピールする手段をだ。

ハモる。

後ろからサビ部分の間合いを計りつつ
しかし距離は近付き過ぎずとっておく。(至近距離はコワいから)
で、いよいよサビ部分がきたら
おもむろに
控えめではありつつ相手の耳には届くように

…低音の方のパートを口ずさむのだ。

と、
夜空に突如として流れる
サビ部分の美しいハーモニ〜…だ。

目と目が合ってニヤリ。
心の中でお互いの健闘を讃え合う。
しかし言葉は交わさずに去ってゆく二人。。。
それがニヒルな男同志ってものだろう。。。

Side black
怖い、怖いよ! 何がコワいってこんなパターン設定妄想してる自分が一番怖いわ。
しかも、ワタシ男じゃないし。

by omifish | 2006-09-29 15:39 | white>black

vol.72 不本意な砂糖禁止令

Side white

健康診断の結果が出た。

「今後砂糖の摂取は一切禁止」という一文のみが
記載された用紙がぺろりと返ってきた。

砂糖???なして砂糖!!!

だってワタシは珈琲にも紅茶にも砂糖なんて入れないし
そもそも甘いものが苦手なんだから
ジュースやお菓子の類いはほとんど食べないんだよ?!
ケーキやクッキー、あんこ系だって二年に一度くらい
しかも一口二口程度でギブアップするんだよ?!

料理に入れる調味料としての砂糖だって
甘くなるのがいやで極力避けてるのに!

酒か!酒の糖分は結構すごいっていうもんな。

それにしたって「酒禁止」じゃなく
「砂糖禁止」だなんてわざわざ言われる覚えが無いわ。
うーぬ。不本意極まりない!

最近体重だって下降の一途で
「わーい痩せたー」というより
「おいおいもうそろそろストップしていいよ」
って思ってるぐらいなのに。

ちくしょー。
この挑戦受けて立つ!
私は今後、甘党になるよ!
お菓子とかむしろ食べてく方向で!
ケーキバイキングとか行くよ!

…と
なんだかやたら息巻いて
その診断結果をくしゃりと握りつぶしつつ
いつの間にかいた講堂のような会場の壇上で
仁王立ちになって高らかに宣言してやった。
ああ、してやったさ。


「ケーキバイキングとか行くよ!」の
自分の寝言の声のデカさで目が覚めた。

起きぬけでは見ていた夢の記憶があやふやで
自分が発したした自分らしからぬ言葉
(しかも大声でなんか憤りの感情とともに)
の意図するところが分からず
なんじゃ?
なんでケーキバイキング?と思っていたのですが
徐々に夢の全貌が思い出された次第です。。。

なんなんだ?
コレは身体からのSOSなのか?
糖分をもっと摂取して血糖値を上げろという
指令が夢という形で現れたのか?

Side black
いや。ケーキバイキングとか絶対に行かないし。。。
by omifish | 2006-09-26 14:25 | 向こうの町

vol.71 樹めぐりコース

Side white

夜中の散歩が好きなのである。
ご近所さんの庭木めぐりをする。

日中の散歩では人ん家の「犬めぐり」も楽しいが
夜にこれをすると番犬モードになっている
昼間は仲良しの犬から吠えられたりして
近所迷惑になるは傷つくはでいいことない。

だから
夜はもっぱら静かな「樹めぐり」である。
樹ならなんでもいいわけじゃなくて
やはりお気に入りがあるわけである。

背の高いモクレンやら
香る季節が待ち遠しい金木犀やら
枝ぶりが渋い梅やら
幹がすべすべで触り心地の良い百日紅たち

その季節が花の時期じゃなくても別にいいのだ。
角の○○さんの庭のモクレンからスタートし
3ブロックほど先の住民の顔は知らない
誰かさん宅の梅の横を通って
少し離れたところの公園の桜も見て回って…
と、いうように引越した先々にお気に入りの
「樹めぐり」コースがあるわけである。

ある晩の深夜2時頃だったか
当時の自宅周辺の「樹めぐり」散歩をしていた。

夜とはいえ往来に人のいる時間帯であれば
常識的に樹たちへの挨拶は心の中でだけに留め
ちょっと立ち止って眺めるくらいで通過するのだが。

その時はそれこそ草木も眠る丑三つ時で
とうに終電も終っている時間帯だし
終夜営業のコンビニからは離れた住宅地だし
ってことでほろ酔いも手伝って気が大きくなっていた。

やたらなれなれしく樹に接して歩いていたんである。
繰り返すが、人の家の庭木である。
垣根越しである。
それを腕を伸ばして幹をなでたりしながら
「おお、今日もすべすべだね。」とか
「相変わらず美しい枝ぶりね。」なんて
声に出して話しかけていてたんである。。。

と、
背後40cm辺りからいきなり

「木、お好きなんですか?」

滑舌のいい男の声。

文字通り跳び上がったよ。。。
びくっどころじゃないよ。
本当に5cmくらいピョンって跳ねたよ。。。
アニメだったら口から心臓とび出てたね。

振り返るとスーツを着た普通の男性。
ぱっと見では変質者や酔っ払いの兆候も無い。
…でも深夜2時過ぎだよ?
酔っていたとは言え背後をとられることが嫌いなワタシに
まるで気配を感じさせずに
いきなり至近40cmとは!!!
何奴?!!

ガード甘すぎ。背後がら空き。

「ええ、まあ。」とかなんとかもごもご返しつつ
早足でその場を後にした。。。

あの家の住民だったらどうしよう。

…間違いなく変質者はワタシの方である。。。

今後人の家の樹に話しかける時は
時間に関わらず前後左右くまなくチェックしてからにしよう。
そしてスキンシップは極力我慢しよう。
と、堅く心に誓った夜であった。

Side black
でも今でも時々やってる。
…やめた方がいいの?

by omifish | 2006-09-13 17:51 | white>black

vol.70 アナグラムの用法

Side white

アナグラムってのがあるじゃないですか。
あの文字配列を組み替えて暗号文を作成したりするやつ。

自動アナグラム代行サイトなるものがあったので
やってみた。自分のフルネームで。

ローマ字入力でポチポチ入れてクリックすると
組み替え文例がだーっと羅列されて出てくるわけだ。

で、
ほとんど無意味な中からも、しいて言えば
一応文章として成立してるっぽいものをピックアップして
今度は別の自動翻訳サイトで和訳してみた。

結果↓

HAG MINI ZOOS:鬼婆ミニ動物園

いきなり鬼婆ですか。そうですか。


HAG ISM IN ZOO:動物園の鬼婆主義

…どんな主義よ?スパルタなのか?むしろサーカスか?


SHAG MINI ZOO:小さい動物園を追いかけて捕まえてください。

ああ、移動動物園ね。しかし捕まえろとは穏やかじゃないね。


GASH MINI ZOO:小さい動物園に深手を負わせてください。

おいおい。穏やかじゃないどころじゃないぞ。追っ手はやはり鬼婆か?


NAG HIM IS ZOO:小煩い人、動物園

ん?小うるさい?じゃあ「深手を負わす」ってのは言葉の暴力だったの?


MAIN SIGH ZOO:主なため息動物園

…そりゃため息も出るっちゅうの。動物園経営も大変だねぇ。

羅列された例文の順番通りなのだが
なんとなくストーリーになっているの気のせいか?
それにしても全体的に陰鬱な感じ。
シュールな悪夢のような設定だな。
もちろん背景は荒涼たる砂漠で
空模様は嵐が来そうな曇天だ。
動物園といってもメインでロバとかいるの。
んで、季節は冬ね。。。
さむっ。

a0040963_11382938.jpg


…えー。。。
今後新聞などで地方の弱小動物園の危機的経営状況などの
ニュース記事が記載されてましたらば
そこにはワタクシが関与している可能性大です。
暗号文ではそういうことになっております。

興味と時間のある方は
ご自分の名前なりなんなりでどうぞ。
和文、和名をローマ字表記にすると母音が多くて
実際英文のアナグラムを作るようには
きれいに配列替えされにくいらしいです。

Side black
鬼婆主義って…失敬な。

イラストレーターのフジモトマサルさんのHPには面白いサイトが色々おすすめで紹介されてます。
以前ここでも紹介した「ぐっちゃんの冒険」も最近取り上げられてました。
やはり皆さん気になるんですね。

by omifish | 2006-09-06 10:38 | white>black

vol.69 空飛ぶおっさん

Side white

キーボードの←⇅→で仮想飛行。

flyguy

うーむ…か、かわいい。。。

Side black
いや、中年太りの禿げたおじさんなんだけどね。
by omifish | 2006-09-04 11:28 | white>black