ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

vol.78 プルースト現象

Side white

(長いからね。)

皆さんもご経験があられるだろうが
匂いってやつはダイナミックかつ
ドラマチックに記憶を呼び覚ましやがるのだ。

その奇襲ぶりといったら、もう、あなた。
ビジュアルや音楽といった他の情報の比じゃない。
いきなりギュウと感情をワシ掴みにされる感じだ。
不意打ちを喰らったこちらは
「え?え?何この感覚?これってなんだけ?」となる。
つまり
感情的な懐かしさだけが先行して
細かな背景は後から浮き上がってくるのだ。

はなはだ陳腐な例えで恐縮だが…

***
女が街中で人混みの間をぬうように
足早に進んで行く。
と、
雑踏の中で懐かしい香りを嗅ぐ。
切なくも甘やかなこの「知ってる」感じは何?
デジャブ?いや、これは…?
あわてて振り向くがもう誰が誰だか分からない
立ちすくむ女。
「これは…あの頃あの人が着けていた香水の香り…」

(Yesterday Once More/Carpenters)
回想シーンのフラッシュバック

***

みたいなね。
一昔前のラジオCMみたいなね。
ロマンチック(?)な展開のアレね。
例えだよ。すまんね。ベタで。

ちなみに、このある特定の匂いが
それにまつわる記憶を誘発する現象は
「プルースト現象(プルースト効果)」と呼ばれる。

フランスの文豪マルセル・プルーストの代表作
「失われた時を求めて」の文中において、
主人公がマドレーヌを紅茶に浸して
その香りをきっかけとして幼年時代を思い出す。
という描写に起因しているらしい。
…へえぇ
これまた、なにやらロマンチックなネーミングですな。

でだ。
こんなロマンチックな現象にも
もちろん、科学的根拠があるのである。
サイエンス万歳!

「脳」のおさらい。
・海馬=「記憶」を司っている
・扁桃体=喜怒哀楽、つまり「感情」を司っている
・海馬と扁桃体は隣接しあっていて密な関係

で、
五感の中でも嗅覚の情報だけが扁桃体に直接入力される。
味覚や触覚といった他の感覚情報は
脳の他の部分へと経由される。
つまり
感情にダイレクトに繋がってるのは匂いのみってこと。
よって
嗅覚によって想起される記憶がより情動的であり
他の感覚器によって想起される記憶よりも正確である
ということの裏づけになる。
(図:参照)

a0040963_1810673.jpg(図)


(記憶のストックにある)匂いを嗅ぐ<嗅球>

まず、ダイレクトに当時の感情が呼び起こされる
(悲しい!とか嬉しい!とか)<扁桃体>

それに起因してその匂いにまつわる
あらゆる記憶情報(映像、時代背景、音など)が
隆起してくる<海馬>

懐かしさにうち震える<前頭葉?>

って寸法である。
脳の構造、記憶の仕組みのなせる技。
…あら…別にあまりロマンチックじゃないわね。

ところで、
先日ワタシが陥ったプルースト現象である。
ワタシは電車の中で靴を脱いでくつろぐ
小汚いじいさまの隣にそれと気付かず座ってしまったのだ。
しばらくすると、なぜか、せつないような、可笑しいような
愛しいような、そんな感覚に教われて一瞬「?」となった。
!!!!!
おおおぉぅ!
こ、これは…
むかし飼ってたビーグル犬の耳の内側の匂い…
○○〜…(←犬の名前)
胸中でせつなく泣き笑い。
耳垂れ犬って耳の中の通気性が悪いから結構クサいんだよ。
でもよくペロってめくってくんくん嗅いでたんだよ。

…全く。全くロマンチックじゃない。。。

Side black
火事現場に野次馬に行ってボーイスカウト時代の
キャンプファイヤーを思い出してた奴がいた。
生理現象?とは言えちょっと不謹慎。

by omifish | 2006-11-28 17:45 | white>black

vol.77 気になるB君!

Side white

ご無沙汰してました。

最近目の保養にと眺める対象が
どんどん己より低年齢化してきてることに
愕然としているomiです。
こわいこわい。

電車内にて
後方ナナメ1メートルぐらいのところで
小学生と思われる男子2名がピーチクパーチク。
iPodを携帯せずに出てきてしまったので
裸の耳に会話内容が流れ込んでくる。

A:「なあ。かわいい系ときれい系のオンナ、どっちがいい?」
B:「きれい系」(即答)
A:「ふーん。オレかわいい系。」

…と、まあここまでは
おませさん具合も含めて微笑ましいガキ会話である。
ところが
ここからのB君がちょっと秀逸。

B:「可愛い系っていうのはね。
  年をとったときに『おばさん』化がはげしいの。
  若くてもちょっと太ったりするとね
  たちまち『おばさん』化するんだよ。
  なんかもともと眼とか顔の形とか丸っこい感じじゃね?
  『可愛い』顔は期間限定。(本当にこう言った)
  すぐ老け顔になんの。すごい短いの。 
  その点さ、綺麗系は年とっても『綺麗』顔だからね。
  ちょっとぐらい太っても顔は綺麗なままだし。
  長い目で見たら、絶対、女は綺麗系だね。」

…唖然。
いきなり口調も漢字変換したくなるってもんよ。
お前…何奴じゃ。
変声期を逃したおっさんか?
なんか聞いてる大人のワタシまで
「なるほどねぇ」って納得しかけたわよ。
確かにそういう見解も有りですよねぇ。なんつってさ。

ふう。
あぶないあぶない。
危うく小学男子の講釈に感心しちまうとこだったわ。
あれでしょ?受け売りでしょ?
B君は小難しいこと話したくてしょうがないタイプね。
こういう手合いは自分から友達に話題を振る時も
わざと小難しい質問を持ち出したりして
同級生がきょとんとしてる横でオレって物知り〜って
いい気になっちゃう、いけ好かないタイプでしょ?
知ってる知ってる。
だってワタシ子供の頃モロそういうタイプだったもん。
ま、そのうち今の自分を恥ずかしく思い出す時がくるよ。
B君…おばかさんねぇ。

と、その間にも小学男子2名の会話は進んで
今度はB君がA君に質問する流れになった。
(きたきた。小難しいこと言ってくるぜ。)

B:「じゃあさ。おまえオニギリの具で何が一番好き?」

!!!???ん?

A:「タラコ!」
B:「オレも!焼いてないやつ!」
AB:「なー!」


B君?
えと。え?B君?オニギリの具…ですか?

所詮は小学生?
いえいえ。むしろワタシは俄然興味を持ってしまったのだ。
今度こそ、本当に、お前…何奴じゃ?!!
あんなに流暢に大人理論を語ってたくせに
知識披露に溺れること無く
さらりと会話のトーンを友人に合わせて振ってくる。。。
B君、ただの偉ぶりたがりなガキじゃないな?
むしろ、オトナ!
じゃあ、さっきの理論ももしかすると受け売りじゃないのかも!
むむう。やるな。おぬし。

どんな顔さらしとるんじゃい。この大人子供め。
と、
将来有望な美少年を期待してくるりと振り向いてみた。
ら、

ひ、左とんぺい?!!

さっきっからのB君の声でしゃべってるのは
左とんぺい(ほぼまんま)だった。
お、お前が…
お前が「かわいい系のフケ顔」そのものじゃい!!!

…バカボンにも似てた。B君あんたグルグルほっぺ絶対似合う。

Side black
なに小学男子に翻弄されとんじゃ、ワタシ。。。
by omifish | 2006-11-22 18:18 | white>black

vol.76 ポスターを見て哀愁

Side white

どうも。
当日の二日前にいきなり父親から勧告を受け
先日、急遽…見合ってまいりました。
初対面のインパクトある相手へのあまりの衝撃に
その時空間での映像、音声、感情諸々を即座に全て封印。
記憶の沼地に重しを付けて沈めました。

…ですが
その日以降そこはかとなく
伊集院光に恐怖感を抱いてしまうomiです。
…なぜ…ブクブクブク。
は。いかんいかん。封印!埋葬!

…えー。
みな様はご機嫌いかがですか?
ワタクシの方はというと少々ヘコタレております。
ヘコタっておるので
いつもより弱気な小声(イメージ)でお伝えしております。
是非脳内朗読時のボリュームの方もお下げください。

で、ヘコタレついでに
「ひとり哀愁よがり事例」シリーズを設立いたしました。
世の「もののあわれ」を独自に考察してゆく所存でございます。
巷には哀愁を感じぜずにはおれないものが
結構ありよるのです。

ちなみに「ひとり哀愁よがり事例」とは…

例えば
田舎町の15メートル程で終了する商店街の
そのまた外れにぽつんと佇む「文房具屋」だったりする。
店番にはちょこんとおばあちゃん。
陳列棚にはもはや時代背景が不明確な文具達が
埃をかぶったまま静かに並んでいる…
おいおい。
ここはいつから時が止まっちゃってるんだ?
こんな経営状況で大丈夫なのか?
おばあちゃんはちゃんと毎日まんまを喰えてるのか?
と…

一方的に胸を痛めてせつなくなってしまうという
(相手にとっちゃ押し付けがましいばかりの)
哀愁感を掻立てられる物事のことである。
(大きなお世話で失礼甚だしい)

第一回「ひとり哀愁よがり事例」は
ずばり、
そんな田舎の商店に貼りっぱなしになっている
「一体このモデルは現在では何歳になってるんだ?」
的なね。あれだ。

昭和色の強いポスターです。

いや、そのポスターに起用されてン十年も紙の中で
笑顔を凍りつかせているモデルさんです。

風化劣化にまかせて黄ばんでたわんだポスターの中
時の流れから見放された片田舎で微笑み続ける
名も無い(…ん?誰?)
昭和二流の(失礼)
美人ギャル(死語)。

あれはねぇ。
なんかせつなくなりませんか?
ワタシだけですか?そうですか。

テレビなどの他の媒体で
そのモデルの顔を見た覚えが無いところからすると
彼女はタレントとしてはそんなに芽が出なかったんだろう。
上京してきて都会に疲れて(勝手に東北出身イメージ)
この仕事を最後に郷里に帰ったのかもしれないなあ。
今頃どこでどうして暮らしてるのかしら。
…とかね。。。

あと、赤ちゃんモデルとかもね。
この子が順当に成長してたら確実に今のワタシより年上だろう
ってぐらい年季の入ったベビー用品のポスターのね。
(そもそもシッカロールとかスキムミルクとかとんと見ない)
ああ、ちゃんと健康に大人になったのかなあ。
…とかね。。。

…かなりひどい大きなお世話。
いや、実際はね
うはうはでキラキラな人生送ってるかもしれないのだが。
あれね。ポスターの劣化具合がね。
なんとも惨めさというか淋しさというか
哀れさを呼び起こしちゃうんですわ。
時の経過っつーかですね。

そんなこんなで地方に旅行すると
「ひとり哀愁よがり指数」がぐんぐんアップして
居たたまれない心地になってしまうワタシなのである。
個人商店経営のみな様にお願いがございます。
数年経って劣化したポスターは是非ともはがしていただきたい…

ちなみに
大村 崑(おおむら こん)のオロナミンC看板くらい
古くなるともうレトロな文化財感覚で淋しくならない。

第二回はバスアナウンス嬢の声の哀愁について。

Side black
「人の人生勝手に薄幸決めつけ失礼指数」とも言う。
by omifish | 2006-11-01 16:51 | white>black