ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

vol.110 秋の憂い 歯磨き編

Side white

どうも。
前々回では
独創的とまで思わせるリズム感の無さで、
ジャイアンリサイタル的な鳴き声を披露していた
男一匹ハードボイルドなコオロギが、
最近ではめっきり上達して
つつがない羽音を響かせている。

…あれって上達するものなの?
ウグイスのホーホケキョ的なものだったのか?
リズム音痴仲間として共感と、友情すら感じていたというのに
取り残されたようなこの一抹の淋しさは何だ。

達者でな。

そんなこんなで最近ちょっと思うところの多いomiです。
さすが秋ですね。
みなさんはいかがお過ごしですか?
コオロギに男のロマン感じてますか?
無理ですか。
そうですか。


さて
ワタシはスリッパを履く習慣が無く、
もっぱら室内では裸足なのだが
冷え込んでくると靴下を履く。
しかし
厚着をする習慣も無いので
もっぱら室内では、寝間着なのか下着なのか
判別しがたいような格好でいる。
…で、
それに靴下。
ときどき我に返ると
どうかと思うよ、このスタイルも。

ところで、みなさん
歯磨き時に空いてる片手ってどうしてる?
意識したことないんじゃない?
でも
ブラシ握ってない方の手って歯磨き中は暇してるでしょ?

昨夜ワタシは気が付きました。
「腰に手」
…がっつり腰に左手を当てている!
しかも、足は肩幅に開いて仁王立ち。

そう、あの、
銭湯の脱衣場でフルーツ牛乳飲むスタイル。
駅のホームでドリンク剤飲むサラリーマンスタイル。
そこはかとない達成感と疲労感が漂う
あのポージングですよ。
本人が無表情なだけに余計に
人生の悲喜こもごもが
「うっかり」「にじみ出ちゃった」感が否めない
生々しい人間臭さ満点のあの、ポーズ。

…一体ワタシは
知らず知らずの間にこれまでも
歯磨しながら自分の人生の哀愁を露出していたというのか…
うっかりにも程があるよ。
なんて迂闊だったんだ。
無心の境地の落とし穴!vol.11参照
人ってやつはこうやって時として
素の自分に直面して愕然とする
愚かないきものなんですね。。。

いや、本当に愕然といたしましたよ。
なんせ、またその時のスタイルが
ほぼ下着に靴下なんですから。

しかも、首にタオルかけてるし。

ぉぉぉっ!?ダレだお前はっ!
鏡に映った己が姿にしばし呆然。

ぁぁ。人生。

うすら寒い

「腰に手」と「首にタオル」にはくれぐれも気を付けるべし。
それから歯磨き中の「遠い目」にも要注意。
と、心に喝を入れなおした秋の夜であったよ。

ちなみに今秋になって
歯磨き粉と洗顔フォームをつけ間違えたこと二回。
かなり泡立つまで気付かなかった。
もんのすごく苦いのね、洗顔フォームって。

Side black
…それ以前に
暖かいパジャマを買うべきなんであろう。

by omifish | 2007-10-15 16:28 | white>black

vol.109 亜細亜的台所通信


最近のおうちごはん。
の、抜粋。


a0040963_14521812.jpg

トリ団子とパクチーの春雨スープ

レシピ記載の分量表記
・パクチー:カップ1
…パクチーをカップで量るのか?
と訝りつつ
肉団子のタネに入れる分だったため
みじん切りにして1カップ分を混入。

もんのすごくパクチー!!!!!
パクチーにもほどがあるよ。
強烈な香りであった。
ナンプラーの香りと相まって
部屋がいっきにアジア市場になった。
どこ、ここ。
ま、嫌いではないが。



a0040963_1885142.jpga0040963_189649.jpg

左:海老とアスパラの塩炒め

レモン汁を効かせる。
結構多めに絞ってもよさそう。
オイスターソースでも普通に合うよねきっと。

右:豚バラとレタスのまぜご飯

ごま油がちょっともったりした。
レシピには無かったが
コレはむしろ酢飯にして
さっぱり頂いた方が正解?
それか、
紅ショウガ混ぜ込んでもよかったか。


色々課題は残しつつも
まあ、どれも旨かった。
しかし、振り返ってみると
洋風ご飯のレパートリーが増えてないな。
相変わらずタイっぽいというか
アジアっぽい食卓が多い。



    ※  ※  ※


a0040963_16392415.jpg


関係ないけど
昨日の黄昏時の空。
水底から海面の流氷とか眺めたらこんな感じか。
なんか空に蓋をしたような。

6日あたりから
金木犀が香って夜気が甘い。
by omifish | 2007-10-09 14:58 | うちごはん

vol.108 秋の七草

Side white

昨晩のこと。
寝所の窓の外に、ずいぶんとリズミカルで
独創的な韻律で鳴くコオロギがいた。
一寸の虫にも五分の魂。
中には「かもめのジョナサン」みたいに
個性的なやつもいるのね。

しかし、奴のあの韻律が
溢れ出る才能によるものなのか
はたまた、おそろしいほどリズム感が無いゆえなのか。
…おそろしくリズム感が無く、ライブなどに行っても
一人周りの手拍子とズレていってしまうワタシとしては
ちょっとハラハラさせられた。
うーん。
奴の求愛は成就するのであろうか…

さて。
はい皆さん、
秋の七草はすらっと出てきますか?
ワタシはといえば
その昔、これは覚えておこうと記憶したにも関わらず
あまりにも脳内の格納庫から出す機会に
恵まれなかった為かすっかり抜け落ちておりました。

ススキと、萩と、桔梗と、と…と…
3つしか出てこない。ああ、大和撫子失格。
…あ、ナデシコもじゃない?
みたいないい加減さ。

正解は
萩、尾花(ススキ)、葛、女郎花、藤袴、桔梗、撫子

先日京都に行った折に曼殊院の庭園を観ようと
交通網から外れてかなりテクテク歩いた。
その道中、畑に囲まれた一軒の民家が
玄関先に寄せ植えの鉢をどーんと出していたのだが
それがこれ、
秋の七草の寄せ植えであったのだ。
生け花ではなくて、寄せ植えってところに心惹かれた。

こういう風雅で粋な感じは是非とも見習いたいものよね。
とかその場ではしたり顔で思ってたんだが
…考えてみたら、ワタシときたら
寄せ植えどころか生け花の心得も無かったよ。
ふ。

こんなワタシですが
「花にたとえるなら桔梗」と言われたことが
過去に何度かあるのだ。
ええ。
…なにか?

今でこそこの喩えはうれしい限りなのだが
一番最初に言われたのは小学生のときだよ?
…どうなのよ。
桔梗が似合う小学生って…。
…ま、いいや。

で、桔梗の似合う女(言い切った)としてはだね。
秋の七草くらいさらっと言えるようにしとかないかんな、と
ついでに将来の夢であるところの
「和服と煙管が似合ういなせで かわいいおばあさんになって
縁側で庭の桜を眺めながら梅昆布茶をすすること」
にも近づいていかな。
華道とか、茶道とか、着付け教室とかはまあ、置いといて。と。
興味のあるところからね。
煙管の吸い口の彫金細工に手を出したりね。
引越先で合気道の道場をさがしたりね。

ま、女心と秋の空。(おお、季節に合ってる。でもニュアンス間違ってる。)
この心意気がいつまで続くかは不明。

ところで、皆さんはどんな花?

Side black
華道とか茶道とかを置いといてる時点で、駄目なのか?
by omifish | 2007-10-05 18:22 | white>black