ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

本日の夕餉

年末の暴飲暴食で弱った胃には、和食。

a0040963_1583327.jpg


a0040963_1591735.jpg


a0040963_1595766.jpg


鶏ささみとこんにゃくの梅肉和え
友人から教わったレシピでは
ワサビをきかせるのだが
今回は柚子風味にしてみた。


ほうれん草のごま和え
そのまんま。
ぼーっとしていて葉っぱをゆですぎた。
ちょっと失敗。


メインはサバの塩焼き
それにご飯と
油揚げと葱のみそ汁
これにカブのお漬け物でもあったらよかったか。

献立だけ見ると健康的だが
これ、食べたのが0:00過ぎだからねえ。
やはり胃には負担なんじゃね?

by omifish | 2007-12-28 02:10 | うちごはん

十二月二十六日 みどり色のやわらかいボール

a0040963_15401961.jpg

日中外出から戻ってくると
マンションのオートロックの入り口部分で
少年達が何やらたむろって途方に暮れている。

聞くと表の通りでボール遊びしていて
このマンションの二階の部屋の
ベランダに入ってしまったということ。
ピンポンを押しても留守みたいだ。

ふーんと思って通り過ぎたのだが
留守と分かっている部屋のピンポンを
何度でも押している。。。
(いや、今いないなら、いくら押しても無駄だって…)

貼り紙でもしてボールの特徴書いて
外に出しといてもらったら?
明日にでもまた取りに来たらいいじゃん。
と提案し、紙とペンを渡して外門の中に入れてやった。

その手紙が上のもの。

昭和か?この、ほのぼのムード。
まあ、嫌いじゃないです。
こんなん、ワタシの家の玄関に貼ってあったら
ちょっとにんまりしちゃうかもね。
ボールに顔の落書きとかして返しちゃうかもね。
…それは…いじわるか?

by omifish | 2007-12-26 15:31 | white>black

十二月二十五日

そろそろ年末なので今年を振り返ってみよう。

今年のワタシの抱負は
己に今まで欠けていた要素
「愛想と愛嬌の強化」でした。

端々で気をつけているつもりだったが
今年、初対面の女性に
「こわい」と言われたこと二回。。。
やはりこわいのか。

来年はどうしましょ。

by omifish | 2007-12-25 19:25 | white>black

十二月二十四日 その二 月暈

a0040963_235449.jpg


深夜、月暈(白虹)が出ていた。

輪は大きく光が作り出す範囲は広い。
上空(ほぼ真上)に大きな光輪が
地上を睥睨するかのごとくかかっている。

暖かく、雪が降るわけもなく、
ホワイトクリスマスには程遠いが
こんな月夜なら聖夜にいいかと思う。

ちなみに今年もミサに行かなかった。
不良カトリック信者続行中。
…ふ、復活祭には行こう…。

by omifish | 2007-12-25 01:54 |

十二月二十四日 その一 宇宙と掃除機

近未来では
先進各国で家庭用掃除機を
人工衛星のように宇宙に向けて打ち上げている。
打ち上げ成功第一号はダイソンのサイクロン式。
第二号はヘンリー。
イギリスに負けじと日本の企業も
自社製品を打ち上げるも、あえなく失敗。
ラジオで全世界に向けてそのニュースが流れる。

「日本の○○社の掃除機は打ち上げに失敗しました。
詳しい原因は究明中ですが、回収した掃除機の排気口に
乾燥イカの粉末状のものが詰まっていたことから、
打ち上げ前にダストストッカーのリセットを
怠った疑いがもたれています。 繰り返します…」

…えぇぇ?
駄目じゃん。日本。。。
てか、○○社の職員たちは何食べてたんだよ!
スルメか?
イカスナックか?
まさか、整備しながらつまみに飲んでたんか?
ああ。こんな失態を宇宙規模でしでかすなんて!
全世界にニュースで流されてしまうなんて!

と、日本の掃除機メーカーの失態を憂いつつ覚醒。
…聖夜の朝になんなんだ。
この夢は。
by omifish | 2007-12-24 14:06 | 向こうの町

十二月二十三日 餅つき

今朝(といっても9:00過ぎ)外が騒がしくて起床。
何事かと思えばマンションの前の通りで
餅つき大会をしていたのであった。

a0040963_221793.jpg

三階のベランダから
寝起きのボッサボサの頭でのぞいてみる。
たーのしそーう!!
ワタシは人ごみもいわゆる商業イベントも苦手だが
おじいちゃんと地域密着の祭り事、風土行事は割と好きだ。

小躍りしながら我も餅つきさせてもらわんと
慌てて降りて行って並ぶが、
この町内の何処にいままで??と思うほどの
ガキ…いや、お子ちゃま達が大挙して集まってきた。

「諸君、順番を守りたまえ。ワタシが先だ!」
とは、さすがに大人気なくて言えないので
余裕をかまして子供を先送りにしていたら
どんどん湯気のたつ臼が遠のいて行く…
おうぅ。
…つきたてのお餅はやむなく断念いたしました。

いいんだ。
あんことかきな粉とか実は苦手なのさ。
むしろ甘いもんは女子供におまかせって感じさ。
たーんとお食べなさいな。
…負け惜しみ上等。

くそー。
次回は醤油と海苔持参で一番乗りするわいな。
by omifish | 2007-12-24 02:02 | white>black

十二月二十二日 冬至

冬至だったので柚子湯に入った。

a0040963_1321216.jpg


しかし、南瓜はそんなに好きではないので
最初から食べる気無し。
…そんな個人の好みで取捨選択していては、
日本の伝統的な風習が廃れてしまうのではないか?
ここはやはり風邪予防の信憑性とか
個人の味覚の好き嫌い以前に
日本人として南瓜は食べるべきだったのではないか?
…と、悩んだかというとそんなことはまるで無いのだ。
南瓜なあ。。。
冬瓜だったならよろこんで食べるさ。

ちなみに菖蒲湯には入ったこと無い。
by omifish | 2007-12-23 01:37 | white>black

十二月十六日

再度、六義園を訪れる。
ちょうど紅葉した庭のライトアップ期間の最終日だった。
知らずに行ったのだが、なかなか美しかった。
…が。
あれ、照明デザインしたの本職の人じゃないんじゃないかな。
「なぜ、こんな直接的な光?照明器具丸見えだし…」
みたいなシーンが多く、ちょっと残念。

飛んでるカラスの量がはんぱなく、上空を見上げてビビるも
日没間際の空には、むしろそれすら美的要因になるから不思議だ。
by omifish | 2007-12-18 16:07 | white>black

十二月十三日 伝記 世界の作曲家シリーズ

今朝は血迷って7:00起床。
掃除、洗濯を終わらせて、ゆっくり朝食を摂っても
まだ9時かよ!と途方に暮れる。
みなさん、こんな生活してらっしゃるんですか。

うかつに手を出した池波正太郎氏の「剣客商売」
いっきに13冊目に入ったところで飽和状態。
しばらく離れたい。

 ※※※

先日、図版の調べ物があり
図書館の児童書コーナーに赴いた。
意外なところに意外な人物発見。
児童書にありがちな世界の偉人伝記ものの棚に
いらっしゃったよ。
偕成社〈伝記 世界の作曲家シリーズ〉
ビバルディ
バッハ
モーツァルト
ベートーベン
シューベルト
ショパン
チャイコフスキー
ドビュッシー
ドボルザーク
グリーグ
バーンスタイン…
ふむふむ。
で、
…ス、スティング…?

ちなみに他に現代作曲家で選ばれたのは
(バーンスタインも現代ですが)
ジョン・レノン、ボブ・マーリー、エルトン・ジョン。
ジョン・レノンはまあ、うなずけるとしても
うーん…イギリスに偏ってるなぁ。
しかし、なぜこのセレクトだったのか。
他にも色々いたんじゃないのか。

ええ。まあ。
借りましたけど何か?
ひらがなで読むスティング、なかなかオツです。
気さくさも、優しさも三割増な感じ。

で、エルトン・ジョンはどんな風に
子供に紹介されているのかね。

by omifish | 2007-12-13 10:22 | 本・映画

十二月十二日

冷蔵庫に大量にブロックのベーコンがあったので
野菜スープを大鍋にもりもりに作る。
こんなにたくさん一体どうするつもりなんだ。
あ、飽きたらルーを入れてカレーにすりゃいいのか。
…ベーコンカレーってあんまり美味しくなさそうだな。
…間違ってるな。
by omifish | 2007-12-12 21:35 | white>black