ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

三月三十一日 プルキニエ現象

a0040963_20125616.jpg


寝付く時間がどんどんずれ込んでいき
最近では朝の8時なんぞに眠りにつく。
したがって起床時間は午後も遅くなってからである。
散歩や食材の買い出しは夕刻になってからだ。

せっかく春になったと言うのに
まだ一度も青空の下で桜を見ていない。
プルキニエ現象の青々とした夕闇の中を
そぞろ歩くことになる。
吸い込んだ空気で己の肺まで青く染まりそうな
この時間帯は嫌いではない。
この青さが人間の網膜の錯覚とは、面白い。

そんなわけで
春なのになんだか寒々しい一枚。
あんまり青さは出てませんが。
ヨーロッパっぽい?
というよりは日本海っぽいか?演歌か?

by omifish | 2008-03-31 20:06 | white>black

極甘

たまには連日更新

a0040963_18221380.jpg


白状すると、まれにスィーツも作ったりします。
姉貴に貰った有能なオーブンレンジで。

これ、元は18cmのホール。
濃厚極甘かつビターな二層になったブラックチョコレートのケーキ。

ワタシを知る方には今更ですが
ワタシは甘いものが苦手です。
特にチョコレートはその最たるものです。
「自らは手を出さない」どころか
気を遣うことが好ましい微妙な人間関係において
(初めての訪問先や、仕事関係の上役とかね)
目の前で出されてすすめられても丁重かつ頑なに拒絶。
いや、だって頂いといて食べながら
眉間にシワ寄ってたらむしろ失礼でしょ。

子供の頃から
梅干しとイカの塩辛が好物だったんだもの。
おやつのお気に入りは海苔と漬け物だった。
それだったらパリパリと何枚でも食うよ。

だから無論これは他人が食べること前提での作成。
しかも食べる本人との共同作業でした。
けど、ホールはさぁさすがに食べきれないわけですよ。
ワタシはあまり食べられないし
結局半分はご近所さんにお裾分けすることに。

出来に関しては上々だったと思うのだが
いかんせんスィーツ音痴のワタシにはよく分からん。
でも少し食べる分には
ブラックコーヒーとの相性はとても良かった。

あとは、リンゴとクリームチーズの手抜きベイクドケーキ
(ホットケーキミックス使用)とかも作りました。
こっちは勝手に砂糖の分量を減らして作ったのだが
…味がぼやけた。
やはりスィーツには適した砂糖量ってのがあるのね。

甘くないお茶請け…煎餅の作り方とか調べようかしら。
おかきはモチで作れるの?
モチ、揚げればいいの?
どなたかご存知?

by omifish | 2008-03-28 18:20 | うちごはん

vol.114 地図を描く

Side white

最近とある仕事の依頼で地図を描いている。
デザイン性なんてほぼ必要無いひどく事務的な仕事。
15センチの正方形に収まる1〜2kmの範囲内の
わずかな区切りの地図の大量作成だ。
関東や関西の繁華街中心の地図もあれば
海岸線沿いの倉庫街や工場地帯の
何の目印も無く、最寄り駅からも遠い
陸の孤島のような場所の地図もある。
関東、関西、中京、中国、九州、北海道ときて、
今週はずっと北陸の街の地図だった。

北陸地方の海岸線の地図は俯瞰で見た時の密度が違う。
最寄り駅が無く、バス停からも遠く
○○インターチェンジから車で30分
みたいなところの現地周辺2km四方は
かなり寂しいことになっていた。

そういう場所の地図を
他の仕事を終えた夜中の3時とか4時とかに黙々と描いてると
時々妙な気分になってくるのだ。
なんというか
衛星の目で見ている気分というか。

実際、パソコンで地図をイラストにおこす時は
Goo○le mapとかY○hoo mapとかを元に
味気ない機械的な俯瞰図から描いてゆくわけだが
それよりもっと実像的に見える。
そうだな俯瞰と言うより
もっと肉薄した鳥瞰図ってかんじ。
衛星よりも鳥の目。
もちろん訪れたことも無い
地名すら知らなかったごく限られた区画の
その、自分が描いている場所を
その、自分が描いている時間の夜の空から
眺めているような錯覚とでも言おうか。

何も無い北陸の海岸線沿い。
ただただ無人の幅広い道路。
まだ濃い蒼闇に沈んだ閑散とした街に
コンビニエンスストアの明かりだけ皓皓と光っていて
朝の早い配送のトラックの走行音と
遠く海鳴りがかすかに聞こえている。
そろそろカラスも鳴き始めるだろう。

その暗くて蒼くて広い街を上空から見ている。

別にその街に思い入れは無いから
ワタシの視線は淡々としたもので
「この街に住んでいる人達の息吹きを感じる」
とかじゃ全く無く。
むしろ夜明けの工業地帯に感じる模型っぽさというか
…んー。
とにかく
その区画の夜中から明けてゆく空気を感じながら
地図をね、描いてる気分になったりしてるのだ。

実際はこもった狭い部屋でパソコンに向かって
平面に略式化した図面引いてるだけ。
眠い目をしょぼしょぼさせながらの
すごく機械的な仕事なんだが。

…伝わりますか?
イメージ特急暴走し過ぎですか?



Side black

しかしセブン○レブンって
本当にどこにでもあるのな!!
by omifish | 2008-03-27 04:40 | white>black

三月二十日 

先週末の激しい雷雨の中自転車で転倒。
左半身打撲と風邪で
その後の数日を横になったまま過ごす。

あのよ。大人の女の人ってのは
青タンとかカサブタとか作らないものだと思ってたんだが
三十路超えても生傷の絶えないこの現状はなんだよ。
しかも膝小僧とかだけでなく顔もやるんだよ。
あのね。いい歳した大人の女が
顔面に青タンとか擦り傷とかつくってるとね
意味ありげに見えちゃうんだよ。
…いやいやいや。
言っとくがワタシのケガに意味は無い。
ドラマ性も皆無だ。

大概のケガは自転車で転んでこさえてるのだ。
雨の日のマンホールの蓋は本当に恐ろしい。

by omifish | 2008-03-20 04:58 | white>black

vol.113 時計回りか反時計回りか

Side white

右脳派か左脳派かなんていう話題は
出尽くした感もありますが…(うさうさとかね。)

でも今回話題にしたいのは
The Right Brain vs Left Brain

踊り子さんが時計回りに見えたらなら右脳派、
反時計回りなら左脳派。
右脳派は直感、芸術系で感覚派。
左脳派は言語、理数系で理論派。

これさあ…
やってみたら最初はどう見ても時計回りにしか見えず
「え?これが反時計回りに見えるってどうゆうこと?」
なんて思いつつ、何気なくちょっと目を離してから戻したら
「!!!!??」
は、反時計回りに見える。
むしろ反時計回りにしか見えなくなってるよ。
えええ?と思ってるうちにまたふとした瞬間に
また時計回りになっておる!?
…てな具合で
ワタシの場合短時間でくるくる変わるのだが…
これってどんな脳内からくりでこうゆう風に見えるのだ?
めまぐるしいっちゅうねん。

皆さんは?どうなのかしら
こんなにくるくる変わるものなの?
是非、見てみて結果を教えて下され。
ちなみに身近にいた御仁に見せたら
「何度見ても、どう見ても時計回りにしか見えない」
とのことでした。
そうだよねえ。
そうじゃなきゃ、右脳派か左脳派か判断出来ないじゃないか。

ふ。
ワタシは両方均等に使ってるってことか!
…そういう解釈で本当にいいのかよ。



Side black

いや。
むしろ根本的に欠陥があるんじゃなかろうか。
って不安になるぐらいのくるくる変換具合だ。
画像にノイズというか巻き戻しがはいちゃったような
この、脳が揺れるような気持ち悪さは何だ。
by omifish | 2008-03-07 02:31 | white>black