ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

五月二十九日 雨ふりと胡麻すり

今日も雨が降っている。

多くの人がそうであるように、ワタシも雨の日は憂鬱だ。
雨自体よりも、傘をさすことが、好きでは無い。
したがって、外出すると濡れることになる。
濡れるのはいやだ。

学生時代は、
「風が吹いたら遅刻して 雨が降ったらお休みだ」った。
カメハメハ大王の子供達のように過ごしていたのだ。

さて、
ゴマスリの止め時がわからないのだ。

この場合のゴマスリとは、人をおだてる行為ではない。
すり鉢とスリコギを使う、
本来の意味での胡麻すりである。

例えば、
もやしのヒゲ取りや、さやえんどうの筋取り、
多量の大根おろしなども、単調な作業が延々と続き
途方に暮れがちだが、
奴らには明確な終了がくる。

胡麻は?胡麻はいつが終わりなの?
ゴーリゴーリゴーリゴーリ。

ああ。雨止まないかなあ。
ゴーリゴーリゴーリゴーリ。

あやうく、ペーストにするところだったよ。



by omifish | 2009-05-29 13:18 | white>black

五月二十五日 電車の中で待ち合わせ

昼間
東横線の線路沿いをてくてく歩いた。
目的は働けそうな古本屋探しである。
中目黒から祐天寺の間に
事前にピックアップした古本屋は8店舗。
プリントアウトした地図を頼りに徒歩で回る。
印象は、

×
○?
×


×

丸といったって、それはこちらの勝手な好みであって
実際は、低賃金でもかまわないと言ったところで、
人手が必要な店はあまり無さそう。
そんなんで
途中から目的を外れて猫探しに夢中になる。
古本屋より昼寝猫の収穫の方が多かったな。
まあ、今度は祐天寺から自由が丘あたりまで回ることにしよう。

その後、夕方
カナダに嫁いだ幼なじみが横浜に帰ってきているので
東横線の電車の中で待ち合わせ。(彼女は携帯を持っていない)
電車の中で待ち合わせ!!って
なんかなつかしくないですか?
何分、何駅発の急行の一番先頭車両ね。とかいって。
滑り込んできた電車内の様子を
ホームから覗いて、あ、いるいる。とかね。ふふ。


by omifish | 2009-05-26 00:02 |

五月二十三日 蝶は意外と速く飛ぶ

歩いていたら、うしろから
紋白蝶に追い抜かされたのである。

ここで問題になるのは
ワタシののろさではない。
蝶は意外と速く飛ぶものなのだ。
結構なスピードでハタハタと抜かして行った。

そのことに既視感を覚えた。
以前にもよく似た経験をしたことがあるな。
と、記憶を探ってみたのだが
どうやらそれは、自身の経験ではなくて
書物で読んだ他人の経験であったようだ。
池澤夏樹氏あたりのエッセイだった気がするが
確認していないので定かではない。

こういったことは割と頻繁にある。
というのは、読んだものの記憶との混同。
これまでに読んできた書物はたくさんあるし
文章中の情景は脳内で映像化されて記憶するので、
自分が実際に、あるいは何かしらの媒体を介して
「見た」記憶なのか、
それとも文章を「読んで」映像化した記憶なのか、
すぐには、はっきりしない映像が
たくさん頭には詰まっているのだ。

話しの本筋とは関係無い何気ない風景描写の映像。
遠い国の町並みや、親しげな他人のいる光景。
現実には存在しない架空の国の稜線。
夥しい数の、実際には「知らない」鮮明な風景たち。
デジャビュの正体とは、
案外こういうことなのかもしれない。
by omifish | 2009-05-23 16:19 | white>black

五月十九日 鳥顔人間

長い時間太陽光を浴びていたからか
睡眠不足でクラクラした状態なのに
眼や頭が熱をもってしまい、上手く休めない。
それで、久しぶりに睡眠導入剤の世話になったのだ。
10時間も眠ってしまった。


あまり気付かれていないだけで
世の中には結構な数の「鳥顔人間」が紛れ込んでいるらしい。
意識して探してみれば、あなたの会社の同僚あたりには
知らず知らずのうちに、もう「鳥顔人間」に
すり替わってしまっている人もいるはずだ。
家族など身近な人が替わったら、すぐに気付けるのだろうか。
ふと違和感を覚えて見てみると、
親しい人が異形の別物になっているのだ。

姿形は、小ぶりな鴨で、色はアヒルのように純白。
見た目は愛嬌があり、可愛らしいが
こいつらは人の顔を喰う「顔喰い鳥」だ。
そして、喰ってつくった空間に、
小さくまるまりすっぽりと収まるのだ。
「鳥顔人間」の完成である。
これだけ大胆なことをしつつも、
あまり周囲に気が付かれないのは、
喰われた本人が、その後も
顔の部分がまるまった鳥になっている以外は
いたって普通に生活を続けているからだ。
でも、油断しちゃ、駄目だ。
だんだん、行動も鳥っぽくなっていくに決まってるんだ!

a0040963_16131160.jpg


いったい、どこをどう編集したら
日中に見聞きした事象を
こうも不穏なストーリーにできるのか。
いっぺん、自分の睡眠時の海馬に聞いてみたい。


by omifish | 2009-05-19 13:10 | 向こうの町

五月十二日 雑記など

皆さんもよくご存知のとおり
海の水のしょっぱさは、涙の塩分によるものです。
陸の上においては、いきものの涙は大気中に気化し、
すぐに乾きますが、海の中ではそうはいきません。
地球の誕生以来、陸の上よりはるか昔から
いきものの暮らしが繰り返されてきた海の中では、
流れ落ちた涙のしずくの数も相当なものです。
ゆえに、海の水は、ああも塩辛いのです。
海のいきものの、悲しい歴史の味なのです。


いきなり、なんのこっちゃとお思いでしょう。
発見したワタシ自身も、なんじゃこりゃと思いましたよ。
付けられたタイトルは「プロローグ」です。
おそらく、自分の魚のマークにストーリーをつけようと
メルヘンな気分になったんでしょうよ。
プロローグ…て。本編も書くつもりだったのか、オレよ。
古い手帳は、笑いの宝庫です。

---

左耳の辺りの髪の毛ばかりが外にはねるのだ。
カーラーを巻いて自分でブローする。などといった
女子的な努力はせずにこの年まで生きてきた。
今後も出来れば避けたいので、さっそく美容院に行ってきた。

毛先が内巻きになるようにパーマをかけ、
前回ぱっつんした前髪を、また、ぱっつんし直したのだ。
…こ、これは、耳タレ犬っぽいか?
いや、それよりも
ブラックジャックの…ピノコ?
我ながら、面白いことになっちゃってますけど
こんなことでいいのだろうか、30代女子。

ちなみに、今朝見た夢の中では
路上駐輪してある原チャリを盗んで、夜の町中を疾走していた。
15の夜かい。
現実では、いままで一度も原チャリに乗ったことは無い。
こんなことでいいのだろうか、30代女子。


by omifish | 2009-05-12 14:42 | white>black

五月十日 くるり



a0040963_23232936.jpg




a0040963_23233979.jpg



若干、アール・ヌーボーっぽい曲線になっています。
by omifish | 2009-05-10 23:19 | white>black

五月七日 恋か、薬か。

禁煙は続行中。三週間目をむかえる。

が、
ここ最近、胸の辺りの調子がおかしい。
しこったような感じですっきりしない。
しくしくと痛んだりする。
時折、しくしくどころかズキリと痛んだりもする。

肺?心臓?胃?
せっかく禁煙してるのに、体調悪いなんて不可解だぜ。

んー。
しかし、
これは、なんか身に覚えのある感じだな。
…うん。確かに知ってる感じだな。
おそらく、かなり久々の痛みだな。

もしかして、これは…恋?
ワタシってば、恋で胸が痛いのかしら。
と、思った瞬間
またもや、シクリと痛む。


ん?!
それとも、
これは、もしや、あれか?
6年前に胃と十二指腸に潰瘍ができた時に
たしか、少し前からこんな症状がでたわ。

医者に処方してもらった禁煙補助薬は
けっこう胃に負担がかかるようだ。
くそー。チャンピックス(錠剤の名前)め。
まぎらわしいぜ。

禁煙すると太るという定説がありますが
おかげさまで、食欲減退!順調に減量中!!
…身体に良いんだか、悪いんだか
よく分からないことになっているじゃないか。

by omifish | 2009-05-07 16:36 | white>black

五月五日 スプレーチョコ

久しぶりに見たのだ。
それなるものを。

先日入った喫茶店は、怪し気であった。
入口からして。

なにしろそこは、横浜の地下街の外れの外れだ。
間口は狭く暗い。
扉は木製で、窓は年月による自然な曇りガラス。
その磨りガラスに貼ってあるシールの店名は
半分以上、剥がれかけている。
中にはカウベルが垂れてる。
なんか、和風の、布小物もぶら下がってる。
んもう、外から見るだけで
平均年齢層高め、
喫煙者率高め、
漫画雑誌とスポーツ新聞率高め、である。
こりゃぁやばいね、と思いつつも
興味本位で、入ってしまった。
へんぴな所にあるにもかかわらず、ほぼ満席。
そして全員ご老人。
その店のマスターとお客の平均年齢は
おそらく60は超えてたね。

で、私はというと、普段ならまず頼まない
「アイスロイヤルミルクティー」
を注文したのだよ。
胃も弱ってたし、まろやかなものをと思って。


a0040963_22144412.jpg



ん?これは…なんて言ったっけ?
スプレーチョコ…?

スプレーチョコ、かかっとりますがな。
ロイヤルミルクティーに…
思わずマスターの顔を伺ったら、目が合った。
…薄く微笑んでる!

うふ。

スプレーチョコってちゃんと味がするのね。
…ケミカルな味が。
(本当はワタシは生クリームもいらないんだよ。)

禁煙中だけど、
ふとタバコが吸いたくなった瞬間である。

by omifish | 2009-05-05 22:06 | white>black

五月四日 レヴィ・ストロース

先ほど、
自宅でクローゼットを開けたら
ふいに頭に浮かんだ単語。

なんだっけ。知ってるな。
人名な気がするけど、
おまえは誰だ。

レヴィ・ストロース

※※※

1908年フランス生まれの社会人類学者。
アメリカの先住民の神話研究を中心に行う。
1960年代から1980年代にかけて、
現代思想としての構造主義を担った中心人物の
ひとりとしてよく知られている。

※※※

…ふーん。
何かで知っていたとしても、
きっと昔に少し読み齧ったった程度の知識だったろう。

で、なんでまた、今でてきた?
さては脳内のおじいちゃんまた寝惚けてんな。

ってこと、ありませんか?


その後また調べてみたら
なんとレヴィ・ストロース氏はご存命で御年100歳。
…凄い方でしたよ。誰だじゃないよ。本当に。

by omifish | 2009-05-04 03:59 | white>black

五月三日 ベビーカーに犬

ども。
ゴールデンウィークにお台場に行くという
自殺行為に及んで来たおみです。
いや、知り合いが祭事のブースを出してたんでね。
…しかし、お台場滞在時間15分。
うん。よく頑張った。オイラ。

ところで、
まったく話しは変わりますが
最近よく見かけるアレ、何ですか?
横浜だけなんだろうか
犬をね、これでもかっちゅうくらいにデコレート。
そして、ベビーカーに乗せて
人通りの多い道を練り歩いとる。
ベビーカーに犬。

え?
散歩?散歩なんですか?

ほほう。
…ん?
…犬、歩いて無いじゃないか。
運動になって無いじゃないか。
それともあれか?
品評会?
へえ。。。

by omifish | 2009-05-04 00:45 | white>black