ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

十二月二十九日 古本まつり

年末はいろんなところで古本まつりを開催している。
デパートの催事会場やら、大通りの歩行者天国やらで
皆さんも見かけたことがおありでしょう。あれです。
思わぬ掘り出し物があったりして、いいよね。
ワタシは今、仕事で関わっているのだ。
そういった会場には複数の古本屋が出品してくる。
つまり全国の古本屋さん達と知り合えるのだ。
人とも、本とも、出会いは楽しい。
仕事しながら自分自身もうはうはとワゴンを見て回り、
わんさと買ってもしまうので
労働対費用効果としては駄目な感じになっちゃってるがな。

そう。じつは、
バー色の濃い古本屋カフェを早々に辞めたあと、
きっちり堅めな古本関係のお仕事に就いていたのだ。
個人店ではなく、全国の古書店が加盟している互助会を
オンラインで統括しているような事務所。
事務所自体は少人数でこじんまりだけど。
いろいろ勉強させてもらってます。

by omifish | 2009-12-29 16:01 | white>black

十二月二十四 ダリヤと芍薬


a0040963_314115.jpg


不良信者も
今年はようやくイブに教会に行ったよ。
が、
深夜ミサの終わった後だった。
がらんとしたお御堂で小さく祈るにとどまった。

***

花をもらった。
大輪のダリアと芍薬を一本づつ。
この選抜、潔くて大胆でなかなか格好いい。

皆様、良いクリスマスを。


by omifish | 2009-12-25 02:37 | white>black

十二月二十四日 落

朝焼けがすごい。
浮世絵版画の色彩。

そんなことよりも、
発熱から六日目。

…ようやく熱が下がった。
…な、長い戦いだったぜ。
だって解熱剤吐き戻しちまうんだものなぁ
オイラの軟弱な胃ったら。
こっちは楽にしてやろうってんだから
おとなしく飲み込んでくれりゃあいいものをさぁ。
ほとほと手を焼いて疲労困憊。
観念して苦手な点滴をしたところ、下がった。
軟弱なくせに強情で
強情なわりに単純かい。

***

ふと
今年の餅つき大会は行けなかったなあ。と思って
見返したら、あれは一昨年の話しだった。
去年の年末の記憶、抜け落ちてる。。。


by omifish | 2009-12-24 06:21 | white>black

十二月十九日 首の後ろが熱いんだ

がっつり風邪を引いてしまった。
高熱で世界がシュールに歪むのは久しぶりだ。
これだけの文章を打つのに、
打ち損じてばかりでえらく時間がかかる。
だったらPC前なんかにいずに布団にくるまってろ、と
思われるだろう。ワタシもそう思う。
でも、こんなに激しく喉が痛くなることも
こんなに景気よく熱が上がることも滅多にないことなので、
なにかしらイベントじみていて
ちょっとワクワクしているのだ。…ばか?
よもや新型インフルエンザってことはなかろうな。

ところで、
夢の中で文章を読むのって難しくないですか?
長い文章なんかはとくに「てにをは」がめちゃくちゃで、
気合いを入れて目をこらすほど、支離滅裂な内容になり、
文字の輪郭もぼやけてしまう。
ひどく疲れる作業ですよね。
かと思えば一単語だけが妙に印象に残ったりする。

さっきまで熱にうかされて見ていた夢の中で、
かろうじてワタシが読み取れた単語は
「卵とじ」だ。
…なんだそれ。



by omifish | 2009-12-19 17:58 | white>black