ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雪見酒

白くて軽いものがふわふわと舞ってきた。
あとからあとから降り注ぐ。

あら、何これ桜の花びら?
え?今って春だっけ?
いやいや、
たしかそんな季節じゃなかったはずだけど。

ああ、そうか雪か。
雪だよ。
そうかそうか、そうだよねぇと、
雪の降りしきる中お酒を飲んだ。


目覚めて思う
雪の季節はさらに遠いじゃないか。

その季節じゃない時に
桜吹雪や雪の夢を見ると少し得した気分。


by omifish | 2011-07-28 16:59 | 向こうの町

ゴーヤその後


摘心の時期を誤ったからか、
なーんかひょろっとして葉っぱ密度に欠けるが
一応みなさん伸びてます。

が、

a0040963_12304970.jpg


ゴーヤの花もなんかひょろい。
そして雄花ばかりなんだよな。
これじゃあ受粉が出来んのう。
…実が成らないの…?

ちなみに琉球朝顔はまだ花の気配無し。
こ、これからなんだよね?
そ、そうだよね?






by omifish | 2011-07-25 12:37 | 植物の窓

夏の音

川崎大師の風鈴市へ。


a0040963_22275491.jpg



a0040963_2228849.jpg


風が吹くと一斉に涼やかな音に包まれる。
目を閉じれば竹林の中を歩いてるよう…に感じない事も無い。

見目はガラス細工のものが涼しげで美しいけれど、
音色の好みで言えば断然金物。鉄製だ。

そんなわけで、目の保養と娯楽は現地ですませ、
自宅にはシンプルな南部鉄の風鈴を持ち帰った。

しっかし、猛暑の日差しと人混みで、卒倒寸前。
やはり夏日は外出するより自宅が一番だとしみじみ思う。
この夏は窓を開けて風鈴の音を聞きながら過ごそう。

そう言えばもうひとつの夏の音、蝉が今年は遅い。
あると喧しいけど、無いとさみしい。



by omifish | 2011-07-18 22:42 | 植物の窓

屋台飯

暑いからね。
夏の屋台飯を家で再現。

ついでに繁殖したハーブ類も大量消費!

a0040963_20585781.jpg


<ガパオ>
トリムネ肉と豚ひき肉とピーマンと
ベビーコーンとフレッシュバジル炒め
目玉焼きのせご飯

<スンドゥブ>
エビと豆腐とセロリの辛いスープ

<モヒートもどき>
ホワイトラムではなく、ジン
フレッシュミント
ソーダとトニック半々のソニックで



by omifish | 2011-07-12 21:14 | うちごはん

ちょろり

いきなりですが、
ロイヤル・コペンハーゲンの
フローラ ダニカというシリーズをご存知ですか。
もちろんワタシは知りませんでした。
ロイヤルともコペンハーゲンとも無縁な日々を送っております。

ま、ようは植物の絵付け皿なんですが、
…なんというか、美よりも学を追求した感じです。
菌類、藻類​までそろえた徹底ぶりです。
そりゃあ、もう、堂々たる図鑑です。

a0040963_20181696.jpg

「藻類 いぎす​科 エゴノリ属の一種」

a0040963_2018493.jpg


ふち、見て。

ちょろり。



か、かわいいじゃないか。


でもね、

ここに料理を盛りたいかって言われたら
それはまた別の話よなー。


by omifish | 2011-07-07 20:24 | 植物の窓

昼ビール

a0040963_1231598.jpg


夏になるとカナダから帰国する季節もの、
幼馴染みが今年も来たので二人で家で昼飯。

昨夜常備菜として大量に仕込んだ夏野菜のラタトゥイユ、
マリネしたタコとじゃがいもとフレッシュバジルのサラダ、
なんといっても楽だから圧力鍋で鶏手羽元の煮込み、
枝豆、
さくらんぼ、
あと、おかかマヨのちびおむすび(共同作成)
そして昼ビール。

しっかし代わり映えの無い手抜き…。
去年も似たようなもの食べてるし。

こんなことではいかんいかん。と、かなり反省。
よし!
新たな手抜きメニューを開拓しよう。
来年の夏にはうなぎを食わすよ!
…来年なのかよ。



by omifish | 2011-07-04 15:56 | うちごはん