ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

十一月十七日 


温かいものを飲もうと紅茶をいれたのだが
気が付くと口をつけることなく冷めていた。
こんな冷たいものは飲みたくないと熱い紅茶を入れ直し、
それもまた冷めさせてしてしまう。
そんなことを3回くらい繰り返してから
ぼんやりとコーヒーにしようかなと思う。
そうだコーヒーショップに飲みに行こう。
今すぐ。
今すぐ行かねば。
頭の中で百回くらいコートを羽織ってマフラーを巻く。
マフラー巻いて。
マフラー巻いて。
マフラー巻いて。
マフラー巻いて。
マフラー巻いて。
冷たいマグを握りしめたまま
みの虫の様にぐるぐる巻きになり、一歩も踏み出せない。
窓の外の空がどんどん暮れていく。



by omifish | 2011-11-17 16:34 | white>black

官能屋さん

散歩中に見かけるカレー屋さんの売り文句は

「ものすごく惚れた人に口の中を撫でまわされる感じ」

そげな恐ろしいものを口にする勇気の無いワタシは、
むしろ、この店経営の方は大丈夫なのだろうか、と
いらぬ心配をしてしまうのだ。
アグレッシブさは時として人との間に温度差を生むと思うの。
過去に堕ちてゆくカレー屋さんが閉店するのを
見届けたワタシとしては、ハラハラするばかりだ。

なにせこの店の看板には、店名よりも大きく
「果ての果てまで行ってみないか」と書かれているのだ。
うーん挑戦的。
そっと目をそらしたくなるような危うさだ。
だいたい、道ばたで突然そんな誘いを受けて
ホイホイついて行くような人がいるものか、と
そんなヤツは危機管理がなっとらんぞ、と
ガラス張りの店内を覗いてみたところ、
…これがいた。そんな勇気ある心の旅人が。
どうやら人気店らしい。
むしろ心の旅人たちの憩いの地なのか。
大変失礼いたしました。

観察の結果、
「ものすごく惚れた人に口の中を撫で回されて」いる人の
表情は案外と平然としたものだ。
無表情と言ってもいいくらいだ。
もしかしたらめくるめく官能の嵐を押さえているのかもしらんが。

それにしてもなあ。。。
官能への扉の敷居はなかなか高い。


by omifish | 2011-11-09 20:44 | white>black

この指ってやつは。

いつかやろうと道具を揃えていた。
刺繍のはなしだ。
ようやく手を出した。

なんだこの感じ、知ってるぞ。
にわかによみがえる被服室のほこりっぽさ。
運針どころか玉結もおぼつかないダメ生徒だった。
思うように動かない自分の手指に愕然とし、
途方に暮れて窓の外ばかり眺めていた。

しかしそれはあくまでも過去の記憶のはず。
こどもの頃のワタシのはなしであって、
ほら、手先の動きなんてのは、あれでしょ。
大人になるにつれ自然に発達するもんじゃないスか。

て、…とんでもない。

こんなにも、こんなにか!
こんなにまでもなのか!!
この指って言うヤツは!!ぐぬぬぬぬ。

周りの裁縫上手につられて夢でも見たのか、おれよ。

…さ、練習、練習あるのみじゃ。

玉結びからな!

a0040963_15154745.jpg



by omifish | 2011-11-07 14:15 | white>black