ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レシピに忠実であれ。


ドレッシングのはなし。

a0040963_226943.jpg


以前、市販の玉ねぎドレッシングが美味しいと聞き、
自分でも作れるだろうと
おろしとみじんWの玉ねぎドレッシングを自作したことがある。
その時は、まったく、ちっとも美味しいものにならなかった。

和風や中華風やヨーグルト風味など、
他のドレッシングはイメージで作ってもそれなりになるのに、
なぜ、玉ねぎドレッシングは美味しく作れないのか。
人に問うて「砂糖じゃない?」と言われれば砂糖を足し、
「玉ねぎさらすんじゃない?」と言われればさらし、
辛すぎるのを抑えるには加熱か、などと試行を繰り返した。
しかしどれもいまひとつ。
もはや自作玉ドレは鬼門入り、とあきらめていた。
そして忘れていた。

そこへきて、これだ。
『暮らしの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編』。
これに記載されていた玉ねぎドレッシングを、
その材料のシンプルさに、本当にこれだけで?と思いつつ、
まんま作ってみたところ、

…これが、めちゃうまっ。

すんごく単純な材料なのに…くやしい。いや、呆然。
練りカラシが決め手なのか?
辛いのに辛いの足すって発想なかったよなあ。
しかも、カラシが辛味を主張せずに旨味になっとる。

あと、美味しくあるためにはやはり油って、だっぽり必要ね。
ダイエットとかいって油分をケチってちゃ旨かもんは作れんばい!

勉強勉強。
そして、運動運動。




by omifish | 2012-10-31 22:06 | うちごはん

越境


そうじ中、背後にただならぬ気配を感じて
ふりむいたら…

な、な、中に…居る!


a0040963_235526.jpg


涼しい顔して座っとるやんけ。

ちょっとずつ間合いをつめて来とるね。きみ。
そして超えてはならぬ一線を越えてしまったのだね。きみ。

てか、これ、このかんじ…なんか、
…ホラーの定石踏んでないかい?
次に気配を感じたらもう足元に…とか
夜中に胸苦しくて目覚めたら布団の上に…てパターンか。
…心臓に悪いわ!





by omifish | 2012-10-25 02:12 | いきもの

闇に紛れしもの


夜、風鳴りとはちがう
ごく微かな窓をたたく音。

カーテンを引いてベランダの闇に目を凝らすと…

闇まぎれてじっとり。


a0040963_23254132.jpg


ひっ。
で、出たな!…クール子。

…て、あーた、ずいぶんお久しぶりね。
あたしゃ、会いたかったよ。

でもね、だからね、登場の仕方が怖すぎなんだよ!
お目々キラーンじゃないよまったく!






by omifish | 2012-10-07 23:16 | いきもの

一巡の香

年始の梅や春を告げる沈丁花よりも、

この花の香りを嗅ぐと
「あ、また一年巡ったのか」と、より強く感じる。

金木犀。
一巡の季節が来ましたね。

ところでみなさん「銀木犀」というのもあるのをご存知?
金木犀にたいしてこちらは白い花が咲くのです。
香りはより甘いらしいですよ。

古い庭のある家だと
金木星と銀木犀は対になって門のあたりに植わっているのですと。
知ってはいるけど、…これがなかなかお目にかかれない。
緑が茂ってるだけの状態では、どっちか判別つかないもの。
花の咲く今の季節こそが、限られた発見の機会なのです。

銀木犀、見つけたい。

いいよなあ、金銀対の香る樹。
…風神雷神とか、狛犬みたいな感じなのか。

今年はなぜか秋の花粉症の症状がほとんど出ない。
なので思う存分この香気を吸い込めるのだ。
秋に野外で深呼吸できるって…なんて、なんて素敵なんだ!
エライぞわたしの粘膜!
このまま健やかに頑張れ!

すー、はー。
うっとり。
by omifish | 2012-10-04 19:02 | 植物の窓