ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

10円フルーツ


a0040963_4112237.jpg

「オーガ」イコール「ツク」?

一瞬思考が停止しますが、そう、もちろん、それ。
オーガニックよ。きっとね。
にしても、安過ぎやしまいか。
本当にオーガニックなんだろうか。
よもや、故意に誤読させてるんじゃないでしょうね。

また別の日に。

a0040963_416021.jpg

…だから、安過ぎやしまいか。

せっかくの10円だったが、どちらも購入にはいたらず。





by omifish | 2013-03-30 04:27 | white>black

小湊鐵道いすみ鉄道


花曇りの肌寒い日に、千葉へ
菜の花を見に列車の旅。
念願の小湊鐵道といすみ鉄道を乗り継いで来ました。


a0040963_17211470.jpg


a0040963_12292591.jpg


a0040963_1230843.jpg


a0040963_12304076.jpg


a0040963_1231478.jpg


a0040963_12343828.jpg


a0040963_1302594.jpg


a0040963_1442610.jpg


a0040963_12322765.jpg


電気ではなく、ディーゼルエンジン車。
加速音の重厚感が素晴らしいです。

個人的な好みは、小湊鐵道!
列車も駅も、より古いスタイルを維持しています。
出発進行のフォーンの音も良かった。

いすみ鉄道の方はコースが素敵でした。
下に川の流れる高架を通ったり、
両脇から緑迫るトンネルをくぐったり。

しかし、写真にそこはかとなく漂うアンニュイさ。
撮影の技術不足?天気のせい?
しっとりと濡れた景観がより郷愁を誘います。
でも、楽しかったのよ。
アンニュイさはノスタルジーの味付けってことで。


お土産には「いすみてつどうもなか」。


a0040963_13281271.jpg

ちゃんと列車の型になっていて可愛らしい。
中はモチ入りで、まあ、おいしい普通のモナカだわね。




by omifish | 2013-03-27 13:32 |

亀と桜



a0040963_2231855.jpg


雲のあいまを飛んでいるようにも見える、亀の介。
うしろ足の開きぐあいがキュートです。



by omifish | 2013-03-24 21:55 | いきもの

日常にひそむキング

空腹<眠気

眠気<尿意

空腹<尿意

悲哀<尿意

眠気<悲哀

悲哀≒空腹

眠気より悲哀が勝り、悲哀と空腹は時にイコールなのに、
空腹は眠気にかなわないという矛盾。

尿意最強。日常にひそむキングだね。
でも、ついつい我慢しちゃうんだよ。
行かずには済ませられないのは明白なのに。
いまも我慢しながらこれを打ち込んでますの。



by omifish | 2013-03-19 00:47 | white>black

目の中の◯△□の世界

目を閉じてその上から
こぶしでぐぐっと押しつけていると見えてくる、
瞼の裏側の視覚世界というのがある。

はじめは赤みがかった暗闇の中に
蛍光色の不定形な粒子がうごめいているだけだが、
次第にそのモヤモヤしたものは形を成してきて、
こまかな◯△□の図形となりみっしりと視界を埋めつくす。

ややするとその視野全体が小刻みに振動しはじめる。

ゴッゴッゴッゴッザッザッザッザと煽動し、
◯△□の淡い光りの粒子たちはざわざわと流れながら
こちらを奥の世界へと誘う。

暗い色彩の、銀河のような濁流を俯瞰で眺めながら、
わたしは流れの先に行ってみたいという衝動にかられる。

もっと先へもっと先へ、と、ぐいーっと目を押さえていたら、

いきなり誰かにぽんと肩を叩かれた。

「そんなに思いつめてはダメ。」



…は?

こぶしを解いてしょぼしょぼと目をあけると
そこは小学校二年生の時の昼休みの教室だ。

たいして話したこともないクラスメートの女子が
こちらを覗き込んでいる。
下條A子だ。
彼女は面倒見がよく、リーダーシップをとりたがるが
少し虚言癖があり、何かとクラスで浮いている子だった。
そして当時わたしは母を病気で亡くしたばかりだったのだ。

…わたしはなんだかシラケた気分になってしまった。
それは、まったく的外れな慰めで
ひとり遊びを中断されてしまったからでもあるが、
なんと言っても彼女のセリフに。

だって、「そんなに思いつめてはダメ。」…だよ?
七つの子どもが。
七つの子どもに。

この子はなんだってそんな芝居じみた大人語を使うのか。
まじまじと彼女の顔をみつめてしまった。

今でも時々、花粉症でかゆい目をこすったり
パソコンの使い過ぎで目が疲れた時など、
目をぐいぐい押すついでに◯△□の世界に行ってみる。
そんなとき、決まって下條A子を思い出す。

思いつめとらんわっ!
てか、あんたはスナックのチーママかっ!
プっと笑ってしまう。

変に大人びた子だったなぁ下条A子。
その後すぐに彼女の方が引っ越してしまったが、
もうスナックのチーママどころかママになっててもいい歳だ。

きっとそのスナックは繁盛しているだろう。




by omifish | 2013-03-13 18:33 | white>black

スリリングな関係


最近のクール子

a0040963_23503268.jpg


図々しさも(お互いに)板についてきましたわ。

a0040963_2348866.jpg

a0040963_2355373.jpg

a0040963_23482678.jpg


しかし、これ以上はまずいよなあ。

緊張感ただよう密会は、いわば背徳行為です。

「飼ってません。毎日遊びに来るだけです。」
とは、管理会社には通用しないだろうしなあ。

ペットは原則禁止。小動物は応相談。
これ…小動物ってことに…ならんよな。

まあ、それ以前にわたしはアレルギー持ち。
色々とツラくならないよう窓際までの関係に停めにゃ。




by omifish | 2013-03-07 20:20 | いきもの

シュマーレンバッハさん


買い取りしてきた古本の値付け中、
目についた一冊。

「シュマーレンバッハ動態論」とは、何ぞや。

いやはや、
まったく無縁な世界と一瞬だけ袖擦り合うのもまた楽し。
ふむふむ。
この方は会計関係のお仕事されてたんですな。
こっちの本も、こっちの本も、まあ難しそうねえ。
ほ、ほう。
「英和 会計経理用語辞典」ですか。
パラパラ…

pre-defined process 定義済み処理

premium on bonds payable 社債打歩発行差金

multidimensional bookkeeping 多次元簿記

…日本語の意味もわかりません…。

白状しますと
先にあげた「シュマーレンバッハ動態論」にいたっては
タイトルを見ただけで何やら満たされて、ちらりとも読まず。
どの程度のふれあいなら「袖擦り合」ったとしていいのかね。

そもそもシュマーレンバッハは人の名前なの?
さん付けしちゃっていいの?

まったく関係ないけど、同じ日の夜中にNHKで
新じゃがとアサリとセロリとフレッシュな苺(!!)の
ニンニク風味のサラダ(!?)
というのを紹介しているのを見た。

…ざーんしーん。

いやいや、
むしろそっちサイドが常識なのか?
ニンニク味の苺と多次元簿記がみんなの住む世界?

そうなの?




by omifish | 2013-03-05 22:37 | 本・映画

どんぶりの日

5日はどんぶり同好会の日。

と、思っていたら会自体が消失していたよ!
あんらまぁ、サボってる間に…。
…ま、せっかく前もって撮っておいたのでアップします。


a0040963_20565166.jpg


a0040963_22182293.jpg


オーソドックスに親子丼。

しいて工夫したところを言うと、
これ、ごはんと、玉ねぎと鶏モモの卵とじの間に
鶏のそぼろを敷きつめてあるのです。

じつは、W鶏の二重親子丼なのでした。

そぼろは味付けを変え、ちょいピリ辛に。
その分卵とじの方は塩気を抑えめにしました。

蛤のお吸い物もつけました。
昆布で出汁をとって味付けは酒と塩ひとつまみのみ。
三つ葉の代替でカイワレなのはご愛嬌ってことで。

しかし、こう見ると青い麩が毒々しいなあ。
青は食欲減退色ってほんとね。
でも美味しかったけどね。



隠れんぼから出て来たら、もう誰もいなかった。
ってこんな感じだったっけ?
と、ふと遠い目。
ふ。





by omifish | 2013-03-05 19:00 | うちごはん