ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夜なべ第二夜


少し放置しておりました。
プラネタリウム作成、第二夜でございます。

恒星原板を、正十二面体に組み立てる。

a0040963_12481972.jpg


ピンホールで細かく星座が打たれたプラ板。
どうぞ、クリックして拡大して見てみて。
a0040963_13164432.jpg


しかし、組み立てという単純なこの作業が、
わたしには非常に苦痛です。
a0040963_13164998.jpg


線通りにぴったり折って、のり付けする。
これだけで手間取るわたしだ。

のりしろには、ABCDEFGHIJKLMNPQRS と
A'B'C'D'E'F'G'H'I'J'K'L'M'N'P'Q'R'S' がある。
これに数字も1〜5まであって、
例えば原板⑤の、のりしろにふってあるのは、
時計回りで1,2,R,P,O,N,M,Sだ。
その内のり付けが必要なのはSとRのみ、とか。

それらの、どことそこをくっつける、とか。
こっちの原板②はHにのり付けするから、
原板⑥の合わさるところはのり付け無し、とか。

なんすか!
なんなんすかっ!

もちろん予備なんか入ってません。
折るのも、のり付けするのも一発勝負で、
ここを疎かにすると仕上がりが歪になる。
プレッシャー。

黙々…
………。
a0040963_13163584.jpg

はっっ。
闇に紛れしものの気配……

お気付きになりましたか。
作業机越しにクール子のじっとりとした視線。

こわっっ。

じゃあ(ってことも無いけど)第二夜はここまで。
球にするのは、また次回にしてやるか。

わしゃあ、ねこに飯やらにゃあいけんけえのう。

逃避!





by omifish | 2013-11-27 02:06 |

野生の王国


何種類のいきものが潜んでいるのやら…。


a0040963_14572895.jpg

a0040963_1457223.jpg


見れば見るほど、いるんです。目が合います。

これ棲息地域の検証はどうなっとりますか、と。
ほんとに全員共生可能なんですか、と。
どの大陸の森がモデルですか、と。
やはり北の方ですか、と。
色々とね、思うところもおありでしょうけれども。

ま、ここはひとつメルヘンということで、
大目に見ていただきたい。
ええ。そのメルヘンで、間違いありません。

で、一体これは何かと言うとですね。
わたくしの新しいスカートの柄です。


a0040963_14571699.jpg


パッと見で気に入ったからというのもあけれど、
周りのちびっ子に受けるかも…
という目論見も、無きにしも非ず。




by omifish | 2013-11-26 15:16 | white>black

晩秋

a0040963_2205047.jpg

a0040963_2203350.jpg

a0040963_2205383.jpg

a0040963_2205544.jpg

a0040963_2204877.jpg

a0040963_2205011.jpg

a0040963_2203793.jpg

by omifish | 2013-11-26 01:05 |

白く輝くトイレット


前回を書いたことで、蓋が開いたよ。
度々思い出す、美しいトイレの記憶。
…お下品な話しが続いて、すいませんね。

子どもの頃、ジャングルの夢を見た。

すぐ上の姉とわたしは
なぜかすっぽんぽんの丸ハダカで、
緑したたるジャングルの中を歩いている。
すると、前方に陽が射しているのが見えた。
からまる蔦をかき分け進んで行くと、
生い茂る緑の中に、そこだけ切り開らかれた
20畳ほどのまーるい広場ができている。
そして、その柔らかそうな下草の真ん中に…

白く輝く洋式便器があったのだ。

忽然とあった。

彫刻のようにあった。

真っ白い陶器の硬質さは、
緑一色の植物の中にあり、かなり異質だ。
ピカピカと清潔で、神々しくさえあった。

わあ!きれーい!と、わたしは駆け寄り、
その清潔で美しい便器に、
とても誇らしい気持ちで放尿したのだった。



おそらくはあれ以来だ。
わたしの夢の中のトイレが、
ことごとく劣悪なものになったのは。

…海馬が学習したんだろね。




by omifish | 2013-11-25 15:53 | 向こうの町

ショートスリーパーと尿意とアイソン彗星


子供の頃から不眠症で、
明け方になるまで寝付けない。
この習慣が治らん。
どーしても治らん。

朝からのお勤めに就こうが、
夜更かしな自営業務だろうが、
そこは変わらん。
日中運動しようが、
就寝予定3時間前に風呂に浸かろうが、
変わらん。

もしかしたら、わたしは本来は
俗に言うショートスリーパーなのか。

ショートスリーパーなのに、
寝付くために眠剤を使うから、
日中常に眠いのか。

このままでは、
来たるアイソン彗星のマックス時には、
早朝の寝入り端で、起きれないよ。
なんとかあと一週間で、
朝6時に起きれるようにならねば。

じゃなかったら、
朝6時過ぎに就寝か。…か。

いずれにせよ、うまくすれば、12月頭に
満月と同じ光量になるアイソン彗星を拝める。
楽しみですね。

眠剤を飲むと、トイレに行きたいという
朦朧とした気持ちのまま眠ってしまうので、
夢の中でトイレの悪条件と、戦い続ける。
したいけど、衛生面やら設備不良やらで
できない!!!というジレンマ。
非常にもどかしく、疲れる夢をみて、
目覚めると、そりゃ膀胱がパンパン。

疲労感が残って寝た気がしない。

でも、おねしょするよりいいのか?
脳の危機管理に感謝?

あら、アイソン彗星の話しは…?




by omifish | 2013-11-25 03:39 | white>black

2013の読書記録 2

a0040963_189226.jpga0040963_1863564.jpga0040963_18102326.jpga0040963_17365579.jpga0040963_17362837.jpga0040963_17585462.jpga0040963_17595564.jpga0040963_18103096.jpga0040963_18392374.jpga0040963_18174019.jpg


a0040963_1983150.jpg


最後のは、海外に住む本読みの幼馴染みが
帰国し来宅してくれた際に、
自分の本棚から彼女の好きそうなところをセレクト。
お勧めして譲った本たち。


.
by omifish | 2013-11-23 17:52 | 本・映画

2013の読書記録 1


抜粋。買ったものやら借りたものやら。
写真撮ったものだけでもメモとして残しておく。


a0040963_16323376.jpga0040963_1632593.jpga0040963_16314311.jpga0040963_1632446.jpga0040963_16314229.jpga0040963_16325073.jpga0040963_1632132.jpga0040963_16315873.jpga0040963_16324521.jpga0040963_16322991.jpga0040963_16315599.jpga0040963_1631503.jpg





.
by omifish | 2013-11-23 16:29 | 本・映画

夜なべ第一夜



a0040963_2464414.jpg
開始します。



a0040963_2461843.jpg
開始早々、図解でいきなり脳が拒否反応をしめすも、むりやり読み込む。



a0040963_2455369.jpg
ネジ5mmくらい。
ネジ回しの先端に磁気で吸い付くアイディア素晴らしいな!と、こんな所に感動するレベル。



a0040963_2461543.jpg
黙々と作業は続く。
異様に暗く見えるのは、スタンドを点けて撮影し、背景が沈んだため。実際はもっと明るい。



a0040963_2461897.jpg
基盤登場で気分も盛り上がる。



a0040963_2465236.jpg
自動回転機構の歯車を組んで架台を作り、台座にセットしたところで第一夜終了。恒星球部分はまた別の夜に。


ここまでは、案外独力ですいすいいけた。
夢中になり過ぎて、うっかり途中の工程を
記録撮影しわすれたくらいだ。

が、問題はむしろ恒星球にあるとみた。

わたしは学生時代、
立体展開図で赤点をとったことがある。
それプラス不器用。
折り紙とかもくちゃくちゃにしてしまう。


a0040963_3312649.jpg


…不安。

さ、今日はもう寝よう。



by omifish | 2013-11-23 03:41 |

ナショジオ風



a0040963_238346.jpg


至近も可能。

お触り禁止。




by omifish | 2013-11-22 02:41 | 路上のいきもの

プラネタリウム


今年の正月に、天文に詳しくなる!
天子になる!と宣言したにもかかわらず、
わたしゃ一向に勉強もせず今日まで来てしまった。

このまま無為に今年を終えてしまうのか。

…ふっ。

ふっふっふ。ノンノン。

買っちゃったもの。
夏に話題になってた奴。今頃。


a0040963_12345241.jpg

どーん!

学研「大人の科学」
ふろく 新型ピンホール式 プラネタリウム!!!

日本の巨匠が作った専用電球
オートオフ機能付き
自動でゆっくり回る。
「あなたの部屋に天の川がやってくる」…ですって。

勉強もせずに、やっつけの工作でごまかす。
夏休み修了間近のカツオ君、降臨です。
いつものことです。

世間では天文好き女子のことを、天子じゃなく、
宙ガール(そらガール)とか言うらしいですね。
しゃらくせえですね。
…ガールて……。

ま、そこはいいか。

問題は、この不器用なわたしがですよ、
こいつを年内に完成させることが出来るのか…っちゅう。

えー、そこら辺の経緯をですね。
またお伝えして行きたいと思います。


a0040963_1447169.jpg


な、萎えてない。萎えてなんかいない。




by omifish | 2013-11-21 12:49 |