ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夜弁


a0040963_20091904.jpg

a0040963_20094371.jpg


バタバタしてるので、
移動車中でも食べられるおにぎりをば作成。

先日NHKのサラメシで見て、食べてみたくなったのだ。
スパムにぎりを更に玉子焼きで巻いた、超ボリュームおにぎり。
水筒の中身は温かいほうじ茶か迷った末、ほんのり甘い紅茶に。

この際、カロリーと塩分は気にしません。


a0040963_20083741.jpg


夜の弁当は、なんか夜逃げみたいでワクワクする。







by omifish | 2014-10-23 22:36 | うちごはん

近い天井、遠い本棚。


思い通りにはいかない内装工事。

今回は六割苦情なの。長いの。読みとばして下され。

予定日を過ぎてもなかなか工事が終わらないので、途中でいいからと行ってみたのだ。採寸しないと家具の選別ができないし。

すると、天井近っ!
最初の話よりも、だいぶ天井が低いではないか。
指摘したら、そうだとしても今からでは直したくない(!)という。ただでさえ遅れている工期を組み直すことは、実質的に無理だと断られてしまった。
な、なんと…。そもそもなぜこうなる…。

我々買い手を X とする。
こちらの仲介不動産は Y(窓口)

他の関係者はこうだ。
A: 売り主。現場にはほとんど来ない(窓口2)
B: 施工主。工事を統括している(売り主に雇われている)
C: 現場の大工。工程ごと分業(施工主から雇われている)

つまり、こちらの意向は、
X→Y→A→B→Cと、4段階もへて現場に伝わるのだ。
ふ、不穏な伝言ゲーム。

しかも、このルートは一方通行ときている。
Cで発生した疑問は、Xへ確認事項としてあがることはない!
X→Y→A⇄B⇄C

いちいち作業を止めたくないという現場の言い分は分かる。
しかし窓口Aよ、おまえさんはもちっと仕事しろよ!
じゃなきゃ現場と直接やりとりさせろー。

直してくれと粘ってはみたものの、相手は海千山千の強者ども。
一方こちらはまるっきりのド素人。
不毛なやりとりにぐったりしてしまった。

ならば引き渡されてから、別の業者を入れようということに。
相談したところ、ハリを残し広い面は15cmほど高くしてくれると。ダウンライトも活かせると。よ、よかった。

しかし、この時点で引っ越し日は何度も延期になっている。
これ以上は延ばせない。
日程的にも予算的にももうキビシい。

なので本棚まで外に頼むのはやめにして、やはり入居してからこつこつDIYすることにした。

どうせ作るならキッチンにも、空中階段下にも棚がほしい。
なにしろ、都内のマンションは狭いのだよ。
置き家具をなるべく減らして、なおかつきっちり収納し、床面積は確保したい。
やりまっせ〜。

とは言うても、家人ともども学校の授業以来木工経験はない。
IKEAの組み立てくらいなもの。
…そして不器用。

図面引けるのか。未知!

いったいどれほどの日曜日を費やすことになるのか!

己らに可能か。
技術、美術畑の親しい人たちに意見をあおぐ日々。

完成を焦らず、工程を楽しめればと……。

と、遠い目。







by omifish | 2014-10-21 23:36 | white>black

シナランバーコアの3×8


ホームセンターは楽しい。

細分化され陳列された、わたしには用途不明なネジやら何かの把手やら。その使いみちを想像しながら見てまわるのは、おもしろいし飽きない。
IKEAをにぎやかな企画展に例えるとすると、我らがホームセンターは、出土土器の破片とか、鏃(やじり)などを展示している地方公立博物館の常設展みたいな感じだろうか。
…博物館に例える必要はまったく無いけれど。
人口密度の差もあるのかね。ホームセンターのが落ちつく。

今日も今日とて、コーナンPRO(業者用ホームセンター)へ。閉店合図の「蛍の光」を聴きながら本棚用の木材を選ぶ。木材なんて気にしたことも無かったのに、人に教えてもらった知識を携えて、安くて丈夫な木材を鋭意探し中。しかし、目的のものはそんな簡単には見つからないのだった。
ブナで挟んだシナランバー。シナランバーコアの厚さ18mm。一般的なサブロク板サイズではちょっと足りない。2200取れる長いのを探しているんです。見つからないんです。パイン材ではちょっと高くつくのよ。ラワンナンバーはベニヤっぽすぎるのよ。15mmでは薄いのよ。無いんです。

どこにあるのシナランバーコア。
つい先日までまるで知りもしなかった、暗号文の様な呼称の連なりをぶつぶつつぶやきながら店内を徘徊。こ、ここはプロの場所だ。日曜大工すらしたことの無いわたしごときには、これら陳列商品は渋いチョイスの博物館展示物にしか見えんのです……。

それでもやはりホームセンターは楽しい。
つい関係のない電気ドリルとかセメント撹拌機とかの前で足を止めて、じっと眺めてしまう。




by omifish | 2014-10-13 04:34 | white>black