ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

棚ぼた


引っ越した町の一番近いレンタルDVD屋が、
通いはじめた途端に、なんと閉店してしまった。
そ、そんな…残念。
それはそれとして在庫処分セールにはちゃっかり赴く。
懐かしのアレ、未見のコレ、と結構な数のDVDを購入。

残念なことに、SF系と邦画のめぼしいものは
もうほとんど残って無かったけれど、
私としてはルトガー・ハウアーの「ヒッチャー」と
ライアン・オニール親子の名作「ペーパー・ムーン」、
それにシャーロックが手に入ったので割と満足。

しかし、映画制作者サイドは、こんなに安く叩き売られたら
やるせないだろうなあ、と想像する。

まあ、それを言ったらレンタルも?
それに…古本も然りか。


a0040963_18261488.jpg




by omifish | 2014-12-27 18:41 | 本・映画

おかえりシュシュ


前々回の例のあいつが、戻ってきました

皆さん、これが、シュシュの現物です(知っとるわ)。

a0040963_17532377.jpg

伝言ゲーム的な絵を描いたものの成果を得ず、
肩を落として帰った我を哀れに思ったのでしょうか。
あの後、管理人さんは、3階建ての駐輪場内を
再度くまなく調べて下さったようです。

…恐縮です。
もう戻っては来ないものと思っていたので、うれしい。
ヘタクソな絵でも描いてみるもんだ。

…え?描いたものと模様が全然違うじゃないかって?
…この幾何学文様は再現できんかったとです。




by omifish | 2014-12-27 17:59 | white>black

牧野富太郎選集


植物学者 牧野富太郎氏の
植物に関する随筆集 函入り全五巻
昭和四十五年 東京美術 発行
内容は昭和二十二年ころの随筆。

流浪堂で購入したものが、すぐに届いた。
年末の忙しい時期にも関わらず早急に手配して下さり感謝。

年末年始は家で読書三昧決定。

a0040963_13502991.jpg


a0040963_13503696.jpg





by omifish | 2014-12-26 14:06 | 本・映画

布製の輪ゴム


この名称ってご存知ですか?
a0040963_03250531.jpg

いや、女性陣はもちろんご存知でしょうけれども。

男性、しかもご高齢の方ってどうなのかなと、
そんなに女性の髪留めの種類を把握されてないんじゃないかなと、
勝手に思っていたわけです。

ある日、この問題のモノを落としてしまいまして、
朝の駐輪場があやしいぞと当たりをつけまして、
帰りに寄った時に管理人さんに聞いてみたわけです。

皆さんもご存知のとおり駐輪場の管理人さんというのは、
あれですね、シルバーセンターからの派遣などで、
おじいちゃんが多いわけですよ。

なじみの管理人のおじいちゃんも、おそらく
この名称は知らないだろうなあと思いまして、
「布製の髪留めの落とし物ありませんでしたか?」と、
問うたんです。
これ、現物が無いものを口で説明するのってやっかいです。

管「布?りぼん?」
私「いえいえ、ゴムなんですけれども、輪っかの」
管「わかんないね。どんなの?」
私「描きます?」  …で、コレ↓
a0040963_23245359.jpg
管「なんだろね、これ、お花かな?ドーナツ?」
私「…で、ですよねえ」
a0040963_23301758.jpg

ならばと、もうちょっと写実的にしてみたり、
無地だと分かりづらいかと模様を入れてみたり↓
a0040963_20144868.jpg
…得体の知れない海洋生物みたくなってしまった。

管「なーんだろうね、これ」
…で、ですよねえ。通じない。困ったなあ。

私「うーん。シュシュって言うんですけれども」

管「ああ!シュシュね!髪の毛の!」

!!!!!

知っとんのかいっ!!

一体、なんだったんだ、あのお絵描きタイムは。

おみそれいたしました。
(そして、知ってる人に通じなかった我が画力…)




by omifish | 2014-12-25 20:24 | white>black

赤い帽子の菩薩(仮)


本屋がサンタクロースの帽子を被る意味ってなんですか。
などと、無粋なことは言わない。

おとなしく指示通りに、
真っ赤で三角で白いボンボンが付いた帽子を被り、本を売る。
屈辱的とすらもう思わない。大人だ。

人生初クリスマスコスプレ。
子どもに「サンタさんなの?」と聞かれたのも生まれて初めて。
a0040963_15570869.jpg
さて、そろそろ年末なのでまた一年を振り返る。
今年のわたしの抱負は『日々半眼』だった。

自分の見る目を過信しない。
人の粗も、自分の粗も、隅のホコリも見ない。
ふんわり『半眼』。
菩薩の眼。

実行?しましたとも。いや、局地的な話よ。職場でね。

菩薩の半眼(というより阿呆のような薄目)を貫く。
肯定も否定もしない微笑みスルー!
NO!派閥争い!一切関与いたしませんことよ。

よもや、わたしにこの技を習得出来る日が来ようとは。
…え?…ほんとうに出来ているのかって?

ふ。今年の春から勤めはじめて十月は経った本屋で、
同僚からもお客さんからも
「落ち着いていて、話し方が優しい」と評判よ。
まだバレてない。

…話し方が優しい。とな!

長年初対面の女子供をコワいと怯えさせてきた、
このわたくしが!
…く。
…笑うところじゃなくってよっ!(プルプル)

…いつまで保つかのう…。

ところで菩薩の半眼って
そこだけクローズアップすると、
決して優しげって感じでもないと思うのだが、どう。

a0040963_00172774.jpg
……三白眼。
……なにか違う。
a0040963_00151361.jpg
こうか?
……まだ違うの?

さてね、
菩薩の目(偽装)を持つサンタ(パートタイム)は
カトリックなのでね(かろうじて事実)、
クリスマスは教会に行きます。





by omifish | 2014-12-25 16:04 | white>black

こんがりブーム


今季もグラタンブーム到来(うちに)。

冬はね、グラタンだよ(断言)。

今夜はビーフシチュー風グラタン。

a0040963_00135244.jpg

a0040963_00141023.jpg

参考レシピは最近購入したこちらの本から。

すでにいくつかここから作ってみているが、

グラタンだけではなくオーブン料理全般

どれも本当に手軽で、しかも食欲をそそる。

じゃんじゃん使い込みたい一冊。






by omifish | 2014-12-24 00:19 | うちごはん

茫々日記 2014.12


十二月某日
クリスマス前の本屋には長蛇の列。
自分はプレゼント包装マシーンと化す。もう手汗はかかない。
むしろ紙に触りっぱなしでかっぴかっぴだ。
忘れたまま台所で塩を扱った時や、風呂のシャンプー時などに「アウ!」と欧米人のような雄叫びが出て我ながらびっくりする。
とくに、シャンプー時は液がしみるだけでなく、細い傷口(切れ込み)に髪の毛一本がスルリキュンと入って、もう、もう、
「ナアーーーウッ!!」……え?


十二月某日
耳にイヤフォンを差し込んで、プレイボタンを押さずノーミュージックなまま二駅分くらい過ごしてしまった。
全然気が付かなかった。そして気が付いた後も、そのまま残り二駅を過ごした。音楽を全く必要としない(むしろ思考の邪魔になる)時は結構あるものだ。
にしても、一度は聴こうと思って自発的にイヤフォンを装着したのだから、最初の押し忘れは単なるボケだ。


十二月某日
下校する中学生の群れの中を自転車で逆走する。
姦しいことこの上ない。
「3年C組の白井さん!電話番号とアドレス教えて下さいっ!」と叫んでいる男子がいて、走り過ぎ際、お!っと振り返ってしまった。
逢魔が時のことで、少年の表情も少女の所在もよく見えなかった。
ええのう。せいのしゅん(青春)よのう。ん?せいのしゅん?おお、性の旬!(酔った親戚のおっさん風)


十二月某日
キャプテン・クックに同行した自然科学調査員バンクス花譜集展の、中吊り広告を発見。
満員電車の通勤時だったので、必要な情報を読もうとすると、無理な体勢で背後斜め上を見つづけねばならず、首がつった。
その「ぐぎぎ」という表情のまま後ろの人と視線が合い続ける。至近距離ゆえ非常に気まずい。


十二月某日
クリスマスムードの街のキラキラした賑わいに釣られて、自分もなんだか浮き足立って普段買わないデパ地下のお惣菜などを数点購入。
家で今晩食べる用の鮭が解凍されているにもかかわらず、だ。
恐るべしクリスマスムード。
しかし、浮かれている割には衝動が地味なのは性分だからしょうがないとして、購入したお惣菜がキクラゲと豚肉と竹の子の中華炒めというのはどうだろう。もはやクリスマスですら無い。








by omifish | 2014-12-20 19:10 | 茫々日記

映画観賞メモ


久しぶりに映画(館には行かず、DVDだけど)をまとめて観る。
自己内評価はちょい辛め。

・トランセンデンス
(ジョニー・デップ主演 SF?)★☆☆☆☆
いわゆるAI(人工知能)の暴走もの。使い古されているとはいえ、好きな設定なのだが、時間内に納めるには話が壮大。もうちょっと感情移入できるぐらい人間関係をみっちり、それと科学のリアルな面を見せてほしかった。正直な感想は「ペラい」「無理があり過ぎる」。


・マレフィセント
(アンジェリーナ・ジョリー主演 ファンタジー)★★★☆☆
「眠り姫」を題材に視点を悪い魔女に置き換えた作品。昔ディズニーアニメで観た魔女そっくりなアンジェリーナ・ジョリーに三票。
あの、空中で人が水に浮いてるように見せるのは、どうやって撮影してるんだろうか。


・グランド・ブダペスト・ホテル
(ウェス・アンダーソン監督)★★★☆☆
「今回は結構ブラックだったからあんまり」という意見も聞いたが、自分の中では割といつもブラックな監督なので、そこは問題無し。むしろ、いつもの感じ。
アガサは可愛かった。ゼロの小さくコクっと頷く様も可愛かった。
自分の中で、ブ「タ」ペストだと誤って記憶していたのが、ブ「ダ」ペストだと判明した。


あと今観たいものが、
・ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム
・チョコレート・ドーナツ

圧倒的な情報不足。ここ最近はまるでアンテナを働かせてなかった。少しまた気をつけて色々映画も楽しみたい。









by omifish | 2014-12-20 18:57 | 本・映画

アップルジンジャー


a0040963_02011482.jpg

a0040963_02111371.jpg


今年も蜜入りの良いリンゴがダンボール箱で届いた。
かならず、姫リンゴが一つおまけでのっかってくる。
それがなんとも微笑ましい。

人真似でアップルジンジャーのシロップを漬けてみた。
まず試しに少量、リンゴ2つ、生姜1塊、レモン1つで。

リンゴとレモンと生姜をスライスして、
蜂蜜に漬けるというだけのものだ。

わたしは蜂蜜の他に、
タイ土産にもらったココナッツのパームシュガーも足して、
カップ一杯の水と鍋で一煮立ちさせてから瓶詰めにした。


a0040963_01455812.jpg


かなり生姜が効いたシロップになっている。
ジーンとくる品のある辛さ。
そしてきちんと酸っぱい。

これから冬の季節の喉に良いはず!
ソーダで割ったり、ホットワインに入れたりして飲むらしい。
わたしはただのお湯割りにしてみたが、
ぽかぽか温まり、かなりいいよ。







by omifish | 2014-12-19 02:14 | うちごはん

霜柱


うたた寝をしていて目覚めぎわに頭に残ったコトバが、

「今、和菓子業界は頑張っている。」

というものだった。
一体、わたしが和菓子業界の何を知っているというのか…。
甘いもの、とりわけ和菓子など縁なく生きてきたというのに。

もし多少なりとも夢と関係があるとすれば、
先日、名前に惹かれて取り寄せた飴に感動したことか…。


九重本舗 玉澤の『霜柱』を、取り寄せてみたのだ。
(わたしはプランターで育てる程本物の霜柱が好きだ)


評判に違わず、美しい『霜柱』。

a0040963_22543466.jpg

缶の蓋を開けると、
飴細工を壊さぬように、らくがん粉の中に埋没した状態。

それを、そっとつまんで一枚一枚引き出すとこんな感じ。

a0040963_22544020.jpg

まさに、霜柱!

口に入れると、さくりほろりと儚く溶ける。
飴と言っても味はさほど甘く無く、素朴な感じだ。

じつは今、別の和菓子屋さんの『薄氷』も気になっている。


ちなみに私の手帖には、

『中津川の栗きんとん』 
『たねやの最中』

という自分の筆跡による記もあり、
これは全くもっていつのメモなのか、身に覚えが無い。

たぶん人の御使いの用でメモをとったのだろうが、
結局買った記憶が無いということは、
その依頼主の元には届かなかったものと思われる。

も、申し訳ありません。


最近の、この自覚が無いままの
和菓子へのにじり寄り具合は、一体何事なのだろう。

と、と、とsh?ゴホッゴホゴホ。

…そうなのか。
…やはり味覚の老化なのか。

って、
「頑張っている和菓子業界」に失礼な言い草じゃろがい!







by omifish | 2014-12-15 23:13 | うちごはん