ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

路上の猫 去り際の一言篇

散歩中
木にすり寄っているノラ猫に遭遇。
さり気なく近づくと、さり気なく離れられた。
こちらが立ち止まると向こうも立ち止まる。
一歩近づくと一歩離れる。
この間はいっさいの無言。
ドリフのコント並みにそんなことを何度か繰り返したのち
じれて直接「にゃあ」と話しかけたら、
ぴたりと立ち止まり
肩越しに一言。
「にゃあ」と返された。

振り向いたその眼差しは、ニヒルな隻眼だった。

…た、たしなめられてしまった。
…渋さに満足したので静かにその場を去った。

by omifish | 2010-06-08 01:27 | いきもの | Comments(6)
Commented by nori-0726 at 2010-06-10 23:13
シブい猫ちゃんですね~。
猫の方が今回は一枚上手(うわて)のようだわね~。
イロンナコト・・・を知っちゃっているのかなぁ・・・。
オトナな猫だわ・・。ふふふん♪
Commented by kago-fp at 2010-06-11 20:15
かっこいーっ♪
このところ、一歩近づくと、「しゃーっ」と威嚇される毎日。
少しも仲良くできない、わが家のノラ親子です(がっくり)。
Commented by omifish at 2010-06-12 16:22
>nori-0726さん
ええ、ええ。そこらのガキんちょをやんわり諌める
渋いおっさんお顔でしたよ。あれは。
Commented by omifish at 2010-06-12 16:23
>kago-fpさん
ありゃ、恩人なのに「シャーッ」ですか!せつないですなあ。
まあ、でも野良ならそれぐらい警戒心が強い方がたくましく
生き残れるのでしょうか。
Commented by ヌーベルがラくタ at 2010-06-15 09:32 x
鳴き声に鳴き声で返されると嬉しいやねぇ。顔は別として。

ま、『おやお前さん、人間にしちゃナカナカ上手いね』なのか
『このヘタっぴ!おちょくっとんのかぃワレぇ!』なのかは知らんけど。
Commented by omifish at 2010-06-15 10:43
>ヌーベルがラくタさん
どちらかと言うとワタシの「ねえねえ」に対して
「なんだよもう、あっち行ってなさい」って感じ?
<< 家飲み 紫煙 >>