ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

vol.78 プルースト現象

Side white

(長いからね。)

皆さんもご経験があられるだろうが
匂いってやつはダイナミックかつ
ドラマチックに記憶を呼び覚ましやがるのだ。

その奇襲ぶりといったら、もう、あなた。
ビジュアルや音楽といった他の情報の比じゃない。
いきなりギュウと感情をワシ掴みにされる感じだ。
不意打ちを喰らったこちらは
「え?え?何この感覚?これってなんだけ?」となる。
つまり
感情的な懐かしさだけが先行して
細かな背景は後から浮き上がってくるのだ。

はなはだ陳腐な例えで恐縮だが…

***
女が街中で人混みの間をぬうように
足早に進んで行く。
と、
雑踏の中で懐かしい香りを嗅ぐ。
切なくも甘やかなこの「知ってる」感じは何?
デジャブ?いや、これは…?
あわてて振り向くがもう誰が誰だか分からない
立ちすくむ女。
「これは…あの頃あの人が着けていた香水の香り…」

(Yesterday Once More/Carpenters)
回想シーンのフラッシュバック

***

みたいなね。
一昔前のラジオCMみたいなね。
ロマンチック(?)な展開のアレね。
例えだよ。すまんね。ベタで。

ちなみに、このある特定の匂いが
それにまつわる記憶を誘発する現象は
「プルースト現象(プルースト効果)」と呼ばれる。

フランスの文豪マルセル・プルーストの代表作
「失われた時を求めて」の文中において、
主人公がマドレーヌを紅茶に浸して
その香りをきっかけとして幼年時代を思い出す。
という描写に起因しているらしい。
…へえぇ
これまた、なにやらロマンチックなネーミングですな。

でだ。
こんなロマンチックな現象にも
もちろん、科学的根拠があるのである。
サイエンス万歳!

「脳」のおさらい。
・海馬=「記憶」を司っている
・扁桃体=喜怒哀楽、つまり「感情」を司っている
・海馬と扁桃体は隣接しあっていて密な関係

で、
五感の中でも嗅覚の情報だけが扁桃体に直接入力される。
味覚や触覚といった他の感覚情報は
脳の他の部分へと経由される。
つまり
感情にダイレクトに繋がってるのは匂いのみってこと。
よって
嗅覚によって想起される記憶がより情動的であり
他の感覚器によって想起される記憶よりも正確である
ということの裏づけになる。
(図:参照)

a0040963_1810673.jpg(図)


(記憶のストックにある)匂いを嗅ぐ<嗅球>

まず、ダイレクトに当時の感情が呼び起こされる
(悲しい!とか嬉しい!とか)<扁桃体>

それに起因してその匂いにまつわる
あらゆる記憶情報(映像、時代背景、音など)が
隆起してくる<海馬>

懐かしさにうち震える<前頭葉?>

って寸法である。
脳の構造、記憶の仕組みのなせる技。
…あら…別にあまりロマンチックじゃないわね。

ところで、
先日ワタシが陥ったプルースト現象である。
ワタシは電車の中で靴を脱いでくつろぐ
小汚いじいさまの隣にそれと気付かず座ってしまったのだ。
しばらくすると、なぜか、せつないような、可笑しいような
愛しいような、そんな感覚に教われて一瞬「?」となった。
!!!!!
おおおぉぅ!
こ、これは…
むかし飼ってたビーグル犬の耳の内側の匂い…
○○〜…(←犬の名前)
胸中でせつなく泣き笑い。
耳垂れ犬って耳の中の通気性が悪いから結構クサいんだよ。
でもよくペロってめくってくんくん嗅いでたんだよ。

…全く。全くロマンチックじゃない。。。

Side black
火事現場に野次馬に行ってボーイスカウト時代の
キャンプファイヤーを思い出してた奴がいた。
生理現象?とは言えちょっと不謹慎。

by omifish | 2006-11-28 17:45 | white>black | Comments(16)
Commented by リエコブルース at 2006-11-28 23:22 x
かなりクッサイんでしょ?
でも臭い物ってもう一回、もう一回だけって確認したくなるよねぇ。
(え?みんな違う???)

って全くロマンチックな話から逸れてしまった。。。
Commented by つっちー at 2006-11-29 02:23 x
ごめん!長くて全部読み切れんかった。
でも、臭いは不思議ですな!
臭くても興奮することがあります。
Commented by omifish at 2006-11-29 10:33
>リエコブルースさん
そうそう。「確認したくなる」って感じよ!それよそれよ。
別にいい匂いだと思ってるわけじゃないんだよねー。
Commented by omifish at 2006-11-29 10:35
>つっちーさん
やはり長かったですよね。ちょっと削って短縮してみました。
でも長さはあまり変わってないかも。。。
Commented by jun at 2006-11-29 12:54 x
『確認』わかるなぁ〜(笑)
自らクサイ物に行くのはいいケド、周りから放たれる悪臭は耐え難いのよね〜
先日の映画館での隣のオッサンの口臭。。。
うぉぉーー記憶の海馬が!!!
口臭で映画の内容は思い出したくないよ〜(哀)
Commented by omifish at 2006-11-29 14:53
>junちゃん
ワタシ割と体臭とか自然発生的な悪臭には嫌だけど我慢が利くんだけど、
生理的に駄目なのは着けすぎの香水!前にこのブログでも書いたけど
あれは、兵器だよ。卒倒しそうになるよ。
…あ、でも口臭は駄目かもな。それ、辛かったね。映画どころじゃないね。
Commented by ヌーベルがラくタ at 2006-11-29 23:05 x
オイラがタクシーあんま得意じゃないのは、小さい頃に乗ったら必ず酔ってたオジサンの車の匂いとタクシーの匂いが似てるから?

つーか、特徴ある匂いって犯人分からんとイヤ。
Commented by リエコブルース at 2006-11-30 01:30 x
ボスから変な言いがかりで怒られてるとき思うねぇ。

「口、臭いくせに!」

って、なんじゃこのチッチャイ反発心は。。。

口臭なんかコメントしていいのかなぁ。

ここって結構アカデミックだよね???
Commented by jun at 2006-11-30 11:41 x
え〜 いの一番に『口臭ワード』出しちゃったじゃんよーー
そして思いっきし乗っかってるよねリエコさん(笑)
Commented by new暴れん坊商人 at 2006-11-30 21:16 x
 うーーん、匂い。
 マーブルチョコレート全部食った後の、筒状の入れ物の中をクンクン嗅ぐ。
 そこはかとないチョコの匂い。
 それと、足の爪を切った時の、その爪の匂い。
 特に親指の匂いが・・・・・。 クサ!
Commented by maico at 2006-12-01 01:18 x
私は先日石油の燃える匂いにときめきました。
おばあちゃんの家のにおい(●´ω`●)

ま、そこは近所のBARだったんですけども。。。
Commented by omifish at 2006-12-01 15:33
>ヌーベルがラくタさん
それはー…、記憶が呼び覚ます感情というよりはー…
たんに乗り物酔いしやすい体質なのでは???
Commented by omifish at 2006-12-01 15:35
>リエコブルースさん
アカデミック?!ふふふ。目指せ!裏NHK!…無理っす。
>「口、臭いくせに!」
って思うだけだよね?まさか上司に言ってないよね?
言ってたら勇気あるなー。
Commented by omifish at 2006-12-01 15:36
>junちゃん
ははは。ヘイキヘイキ。こっちも普通に乗っかってるし。
Commented by omifish at 2006-12-01 15:42
>new暴れん坊商人さん
「マーブルチョコレート全部食った後の、筒状の入れ物の中をクンクン嗅ぐ。」
って!!!懐かしい!それこそ幼少時代の匂いが甦りましたよ。
あの、筒状パッケージのボール紙の匂いと甘いチョコの残り香がミックスして
独特なんですよね!
ところで古い紙(特に古本の文庫本)ってなぜか埃臭いなかにうっすら
甘い香りが漂ってませんか??あれは古い紙独特の香りなんですかね。。。
マーブルチョコの空き容器の匂いっぽい匂いですよ。郷愁を誘う匂いですよ。
Commented by omifish at 2006-12-01 15:44
>maicoちゃん
灯油系はねえ。。。なーんか色々懐かしくなる冬の香りだよねー。
ワタシもおばあちゃん家とか昔住んでた家とか、あと、学校!
小学校の教室とか窓から見た曇天な感じとかうわーって甦るわよ。
<< vol.79 没になった古拙の微笑 vol.77 気になるB君! >>