ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

vol.103 瞼の裏のネガ

Side white

明るい昼間の電車内の座席に座り
ぼんやりと正面を向いている。
対面の車窓あたりに視線は固定されているが
とりとめも無いことを考えているので
視覚からの情報は意味をなしてはいない。
ピントも何所にも合わせてはいない。
いわゆる「遠い目」をしていたはずだ。

そのうち考え事にも飽きてきて
眠気に目をつむる。
と、
瞼の裏に
今まで視野におさまっていたであろう光景の
ネガが浮かび上がってくる。

よく太陽を直視してしまった後に
しばらくどこを見ても目をつむっても
焼き付いてしまった黒丸が浮かんでくる。
あるいは
昔やった遊び(たしか「影おくり」とか言ったか)
夏の強い日差しの中色濃く落ちた自分の影を
しばらく凝視したのちに空を見上げると
青空に白くぽっかりと自分のひと形が浮かぶ。
あんな感じ。たぶん同じ原理。

ともかく
電車内で目をつむるとネガ画像が浮かんできて
目を開けていた先刻までは
まるで「見えていなかった」ものの輪郭が
写し出されているのだ。
最初こそぼんやりとたち上がってくる感じだが
面白いことにその瞼の裏のネガは
部分のクローズアップや
任意の箇所のピント合わせも可能だ。

目を開けている時

a0040963_17273331.jpgまるで見えていない
どこも見てはいない


目を閉じる…

a0040963_18392643.jpg瞼の裏に勝手に浮かぶネガ


a0040963_1753328.jpg部分部分に的をしぼって
集中すると詳細が浮き出てくる


そもそも
目を開けているときは
前の座席に人がいたような気もするが
いたのなら何人くらいだったのか
それすら認識してなかったのである。
…それが
目を閉じた状態になってはじめて目前の光景を
「見ている」のだ。
これはちょっとした衝撃であった。
勝手に焼き付けられている。
むしろ
見えてしまう。
見させられてしまう。
瞼の裏の残像からは視線を外せないからだ。
閉じたまま眼球をズラせば
そこにまた浮かんできてしまうのだ。
…ちょっと、うっとうしい。

まあ。あきらめて、と。
目を閉じたままじっくり観察することにする。
あれ、左はじに座ってる人は
なんか白っぽい(ネガでは黒い)四角いもの広げてる。
あのサイズは新聞でも文庫でもなく単行本か。
とか
右に立ってるひとはあんなカバン持ってたのか。
とか
あの子はひざ丈のなんかをはいていて
素足が出てたから、ネガではこんなににょっきり
足が黒く浮かんでるんだな。
とか、とか。

そして薄目を開けて確認すると
はたして
左の人は単行本を読んでおり
右の人は変な形の肩掛けカバンを持っており
子供はひざ下が素足なんである。


a0040963_16582362.jpg実際に意識して見た視界
窓の外の風景は流れちゃってるから
先刻の映像を確認出来ない


ふむふむ。やはりそうか。
(納得をしてまた目を閉じる。)

ん?
この上の方のこれはなんだ?
…わからんなー。

(薄目を開けて事実確認。)

ああ、あれか。

(…また目を閉じる。)

ふむふむ。

…。





…今、ワタシはうつらうつらと
まどろんでいるように見えるかね。
しかし
その実、真にクリアにこの世界が見えているのだよ。
しっかりと細部を観察しているのだよ。

ふ。

Side black
ま、ようはまた電車内で読むものが無くなっちゃって暇だったのだ。
by omifish | 2007-07-23 16:51 | white>black
<< 暑中お見舞い vol.102 かの人の声 >>