ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

vol.107 待ち伏せする象

Side white

周知のことですが、ワタシはよく蹴つまずく。
しかも、何も無いところで。
例1
例2
例3
(知ってる方は例はスルーしてください)

先日
いつものように(それもどうかと思うが)つまずいたワタシは、
いつもと違う確かな異物感(しかも重量級)に
足下を確認してみたのだ。

我が目を疑った。

…象です。
象がいたのですじゃ。
…シラフの時ですから。
サトちゃんとかでもないし。

しっかり四足歩行のやつ。
耳の感じや身に着けた装飾品からするとたぶんインド象。

体高は約30cm。
「なーんだ小さくて可愛いじゃん」と思ったかた。
いやいや。
こちとら軽く負傷しましたから。
まあ、象と出会い頭に衝突したにしちゃ軽傷だが。

生身の象だったならミニミニサイズで可愛いだろうが。
木彫りだよ。
しかも一刀彫だよ?
(イメージ参照:田舎の親戚宅の玄関とかにある鮭くわえた熊)
充分デカイよ。硬いし重いし。ちっとも可愛くないし。
「うっかり落とした」物の範疇を超えた質量だろ。

な、なぜ、こんなところに象が?
だってここ、オフィスビル街だよ?
そこはビルとビルの間の
人一人やっと通れるぐらいの細い路地で
近道に使う近隣のビジネスマンと猫以外ほとんど通らない
ひっそりとした隙間の入り口部分なのだ。

ん?
なんかこの象、腹の部分に文字が…

ワタシに蹴られて横倒しになった象の
腹部分に何やら書き込みがしてあるのだ。
よせばいいのに、かがみ込んで読んでみた。


Dear 清美
    From T




…油性マジック。





…ふ…





うん。
ま。あれだ。
とりあえず、清美さんとやら、
…こんなところに放置しちゃ、
駄目。

そりゃ、なんかもう色んな意味でアレだろうけれども…
けれどもさ。



はあ。

関わり合いたくないから
申し訳ないが、またいでスルー。。。

Side black
ん?なんか、四つ辻でまじないとかってなかったか?
なんかそういう古い因習なかったか?…くわばらくわばら。
by omifish | 2007-09-14 17:07 | white>black
<< vol.108 秋の七草 vol.106 第一と第二の間... >>