ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

四月一日 将棋と花見

今、将棋が熱い。
この「今、○○が熱い」って表現どうなのよ。
…どうかと思うよワタシも。
がしかし、今将棋が熱いのだ。おいらは。
DS(?)とかオンラインゲームとかじゃなく
アナログにね。将棋盤買ってきてね。やったさ。

チェスは子供の頃に年の離れた姉に教え込まれたので
覚えがあるのだが、将棋は初体験。
がんがん攻めて相手の駒を順調に獲得してゆくも
その駒を活かす術を知らず(チェスでは捕った駒は使わない)
…結局玉砕。むむ。
なんつーか、ほれ。
守銭奴のじーさんが床下に小金を貯め込んで
結局使わずにぽっくり逝っちゃったみたいな。
宝の持ち腐れ的なくやしさがね…。くっ。
…ん?ちょっと違うか?

あと、自分の傾向としては桂馬を乱用するね。
チェスの時もナイトが好きでよく出動させてたな。
ま、次回からは獲得した持ち駒もフル活用するさ。
当分は将棋に燃えるよ。おいら。


※※※


今日は一日オフにして久しぶりに日中から外出。
花見に繰り出した。

a0040963_22375136.jpg


a0040963_2238648.jpg


冬どころか一年中桜を待ちわびて
夏だろうが秋だろうが
夢にまで見ているワタシとしては
また一年分の夢のストック映像が脳内に出来て大変嬉しい。
美しかった。



桜花 散りぬる風のなごりには 水なき空に 波ぞ立ちける     
                         紀貫之

by omifish | 2008-04-01 22:41 | white>black
<< vol.115 『銀の匙』から甘納豆 三月三十一日 プルキニエ現象 >>