ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

七月四日 窓辺のギター弾き

ギターを抱えて自作の愛の歌を彼女にささげる男。
しかも、ちょっとどうかと思うほどヘタクソ。
なんていうのはさー。。。
笑い話上デフォルメされた
架空のいきものだと思っていたのだよ。
…いたね。
しかもすぐ隣りにいたね。
それは、文字通りマンションの隣人だ。

彼女が泊まりに来た週末、
明けた土曜の早朝7時前…(朝の6時台だよ!)
窓を全開にしてベランダよりに陣取って
絶唱だものラララララ。

…ひどい。ひどすぎる。
集合住宅に住む社会人としてのマナーうんぬん以前に、
ギターの腕と歌唱力がひどすぎる。
気持ち入りすぎて声がでかすぎる。
うるさいなーとか、そういうレベルじゃないもの。

いろんな意味で気が遠くなったよ。おいらは。
こういう陶酔型の人は、大体において
本人は周囲に迷惑をかけていることに気付いてない。
しかしだ。
彼女さん、あなたはそれでいいのか??!!
ヤツに気付かせてやれるのはあなただけだ!
あなたが頼みの綱なんだ!
はっきり言ってやってくれ!
言ってやってくれ!!!!!
言ってやってくれ!!!!!!!!!
と、まくらに顔をうずめて心の中で全力で訴えていた。

ら。

…?
…ん???

今、声が増えたね。。。




彼女も
ハミング、してる。。。。







たのむ。二人で海とか行ってくれ。

by omifish | 2009-07-04 17:24 | white>black | Comments(10)
Commented by なお at 2009-07-04 20:05 x
おぉー。迷惑な人ですねぇ。あたしだったら切れそう~!
Commented by omifish at 2009-07-04 21:55
>なおさん
切れそうだったよー。
ベランダから直訴しようかと思っちゃったわよー。
ま、なんとか堪えたけど、またあったら管理人に言うね。
Commented by kago-fp at 2009-07-04 23:58
わっはは。なんとはた迷惑なふたり。そういう人たちだからこそ、
やっていけるのかしら~。ハミング…って。おいおい。
私だったら、速攻、走っていて、殴りつけてるな~。
そんな早朝も許せないけど、へたな歌なんて…さらにゆるせんっ。
現実は小説以上のことが起こりますね。
Commented by omifish at 2009-07-05 00:33
>kago-fpさん
おそろしく、ヘタなんです。…隣人でいることが憂鬱です。
殴りつけるとは!アグレッシブですねえ。
ワタシが彼女だったら…だったら…どうしよう。思い付かん。
まあ、まずは慌てて窓をピシャリと閉めますね!
Commented by ヌーベルがラくタ at 2009-07-05 01:19 x
もし次また歌い出しやがったら、予め用意してた鐘を大きく1つ。

この音で止めてくれたら、同じ迷惑を受けてた他の近所の人達も布団の中で『ぷっ』と吹き出して、朝っぱらからマンションは幸せな空気に包まれるコトでしょう…
Commented by omifish at 2009-07-05 07:13
>ヌーベルがラくタさん
鐘が1つ。て…そらまた昭和だなー。
でもマンションの人たちはもワタシと同じ思いだとは思う。
サラリーマンとか土日くらいはゆっくり寝坊したいでしょうに。
Commented by nori-0726 at 2009-07-05 16:42
いやぁいやぁ・・・・
二人だけの世界に浸っているわけですなぁ・・。
そういう時は・・・
思いっきり拳を振り上げ~っ、殺虫剤で駆除です。
そうそう、プシューっと駆除。
Commented by omifish at 2009-07-05 21:24
>nori-0726さん
ま、主に残念な歌声なのも声がでかいのも男性なんですがね。
彼が一番浸ってるでしょうね。。。
殺虫剤かー。みなさん過激ですねえ。
でも、自分が思ってるより過激なこと言ってもらえると
すーっとしますな。はっはっは。
Commented by kebweb at 2009-07-06 01:16
わー怖い。
結構巷に生息してるよね。二人の世界。
大丈夫。そういうのに限ってすぐに別れるから。
いっそomiちゃんもハミングしちゃえば良かったかもね。
すごい静かになったかも…
Commented by omifish at 2009-07-06 01:37
>kebwebさん
ぶは。そっか。ワタシも歌っちゃえば良かったのかー。
そうかーその手がありましたねえ。でも、その時ワタシ、
めっちゃ眉間にシワ寄せてた。
歌える心境じゃなかったなー。あー残念。
実はワタシも、あいつら長くはあるまい。と思ってます。。。
<< 七月七日 朝顔市 (縁側通信 ... 七月一日 俳句歳時記より >>