ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

七月二十九日 カレー屋の挫折

その小洒落たカレー屋が開店したのは
一年ほど前だったか。
狭いハコながら、通りに面した二面をガラス張りにして
ウッドデッキにもテーブルを出してある。
爽やかで可愛らしい外観の、オサレなカレー専門店。
中年にさしかかったマスターが一人でやっている。
おそらく、味にも自信があるにちがいない。
こだわりの自分の店をようやく持てたということなのだろう。

ただし、立地は駅からちょっとあるし
賑わう元町方面とは逆だから、人通りは無い。
こんなところで大丈夫なの?と心配していたとおり
いつ前を通っても客が入っているのを見ない月日が続いた。

マスターは悩んだだろう。どうしたら集客出来るのか。
その苦悩は理解したい。
理解したい。が、…それからの試行錯誤は
いわゆる、妥協の過程だった。
どんどんダメになっていく…


第1段階:大型テレビを設置。
…それでも設置当初は、海外のスポーツ中継や
ミュージッククリップなんかを流していた。


第2段階:カウンターの上に雑誌。
一応、客用なのだろうか。
マスターも客待ち時間がたいくつなんだろうが、
はっきり言って雑誌の山は美しくない。


第3段階:通りに面したガラスに張り紙。
掲載雑誌の切り抜きや、
「お持ち帰りはじめました」など。
ああぁ。

そして、先日、ついに


最終段階:のぼりが立った。
茶色地に黄土色の極太ゴシック体で「カレー」だもの。
2本も立てちゃったもの。
店の外観と全く合ってない。いや、
むしろ田舎っぽくなって合っちゃってるよ。
これによって観光地の国道沿いによくある
メルヘンなうどん屋兼喫茶店みたくなっちゃってるもの。

そして今、大画面で
どうどうとバラエティ番組見てるよね、マスター。
でも、お客さんは入るようになったね。
たぶん、元のターゲット層とは違う客層だ。
でもまあ、客は客だから、いっか。

本当か?
いいのか?マスター。

by omifish | 2009-07-29 12:03 | white>black | Comments(4)
Commented by kebweb at 2009-07-30 00:41
ああ…
手に取るようにわかる…
切ないわぁ。。
Commented by omifish at 2009-07-30 00:47
>kebwebさん
ですよねえ。。。
Commented by jun at 2009-07-31 21:08 x
この夏は高校野球流れちゃうんだろーねーーああ悲哀なり。。。
で、omiちゃんは肝心のカレーは食べたの??
1度くらいいっとこ!マスターの心が折れる前に!!(笑)
Commented by omifish at 2009-08-01 01:38
>junちゃん
ああ、確実に高校野球は流すね…ますます近所のおっさんのたまり場に…
それが、食べてないのよ。早い段階で行っておけばよかったよ。
今となってはちょっと入るのに勇気がいるお店だよ。。。
<< 八月一日 朝起きる 七月二十一日 タプタプ問題 >>