ブログトップ | ログイン

翔 ぶ 魚

omifish.exblog.jp

九月二十八日 ちくまがつぼ

いま欲しいと思う本をざっとあげてみたのだ。
12冊ほどだったので、出版社も調べてみたら
そのうち、筑摩書房の新刊が1冊、単行本1冊、ちくま文庫が4冊。
…半数がちくまじゃないか。
ちくま、凄いね。ワタシに大人気。

いや、しかし、これはちょっと偏ってはいまいか。
もっとワタシは他の出版社にも目を向けた方がいいんじゃないのか。
と、おのれの取捨選択に疑問が湧いたりもする。
ただ単に今の気分の問題なのだろうか。
それとも、今までも気付かずにちくまばかりを集めていたというのか。
すかさず、本棚に目をはしらせる。
ぱっと見はまんべんなく各社入り乱れてるようだが。
ちょっくら、調べてみるか。
…やめときゃいいのに本棚の整理がはじまってしまったのだ。
出したり戻したり積んだり眺めたり、
ああ、どうしてもタ行の最後の一冊は次の段になっちゃうか…て。
ちょっくらじゃないよ、ほんとにさあ。
量を見てからもの言えってはなしだよ。
だいたい元はと言えばちくまが悪いよ。
などと、とんでもない責任転嫁もしだすってもんよ。

気が付いたらまた別の朝だ。
管理人さんの使うほうきの音が今朝も清々しい。
…おはようございます。
…うん。今日はもうやめよう。

ちなみにちくまといえば、PR誌・月刊「ちくま」もつぼだ。



by omifish | 2009-09-28 04:57 | 本・映画 | Comments(0)
<< 九月二十九日 5番目の部屋 九月二十七日 「アップルの人」など >>